🥃

AWS Lambda (Node.js) で同期実行時にカスタムエラーを投げる場合はnameプロパティも変えると良い

2022/09/09に公開約2,900字

これはなんですか

  • 表題の通りです。
  • AWS Lambda (Node.js) を同期実行した際のエラーに含まれる errorTypeErrorオブジェクトname プロパティを参照します。

AWS Lambda (Node.js) のエラーメッセージ

AWS Lambdaは同期実行をサポートしています。例えば ドキュメント に記載のある通り、AWS CLIで aws lambda invoke コマンドを実行すると同期的にLambda Functionが実行されて、Functionの実行結果が取得できます。

Lambdaの同期実行例
aws lambda invoke --function-name my-function --cli-binary-format raw-in-base64-out --payload '{ "key": "value" }' response.json

Node.jsのLambda Functionを同期実行した場合、実行中にエラー終了すると、以下の例のようなメッセージが返却されます。(ドキュメント)

エラーの例
{
    "errorType": "ReferenceError",
    "errorMessage": "x is not defined",
    "trace": [
      "ReferenceError: x is not defined",
      "    at Runtime.exports.handler (/var/task/index.js:2:3)",
      "    at Runtime.handleOnce (/var/runtime/Runtime.js:63:25)",
      "    at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:68:7)"
    ]
}

ここで、errorType はエラーの種類、errorMessage はエラー本文、trace はエラーのトレースです。

errorType を使ってハンドリングしたいが……

Lambda Functionを同期実行して後続の処理でエラーハンドリングをするとき、 errorType を見て処理を変えたくなります。errorType はエラーの種類によって変わるようなので、動作確認用に以下のLambda Functionを作成します。

class CustomError extends Error {
    constructor(message) {
        super(message);
    }
}

exports.handler = async (event) => {
    throw new CustomError('this is a error');
};

上記のFunctionを実行して得られたレスポンスは以下の通りです。

{
  "errorType": "Error",
  "errorMessage": "this is a error",
  "trace": [
    "Error: this is a error",
    "    at Runtime.exports.handler (/var/task/index.js:9:11)",
    "    at Runtime.handleOnceNonStreaming (file:///var/runtime/index.mjs:1028:29)"
  ]
}

errorType はErrorのままです。

CustomErrorの name 属性を設定する

どうやら、 errorType はErrorオブジェクトの name 属性を見ているようでした。Lambda Functionを以下のように書き換えます。

class CustomError extends Error {
    constructor(message) {
        super(message);
        this.name = 'CustomError';
    }
}

exports.handler = async (event) => {
    throw new CustomError('this is a error');
};

実際のレスポンスは以下の通りです。

{
  "errorType": "CustomError",
  "errorMessage": "this is a error",
  "trace": [
    "CustomError: this is a error",
    "    at Runtime.exports.handler (/var/task/index.js:9:11)",
    "    at Runtime.handleOnceNonStreaming (file:///var/runtime/index.mjs:1028:29)"
  ]
}

"errorType": "CustomError" となり、 errorType の値が変わっていることが確認できました。

まとめ

AWS Lambda (Node.js) のエラーハンドリングで errorType を使う場合は、カスタムエラーオブジェクトの name 属性を変えると良いです。

参考

Discussion

ログインするとコメントできます