Ubuntu20.04でQuartus Prime Lite Editionを使う

2 min read読了の目安(約2200字

始めに

皆さんこんにちは, higashiです.
今回はUbuntu20.04でのQuartus Prime Lite Edition環境構築についてやって行きます.

経緯

講義でカメレオンAVRというボードを使用しています.
学校推奨はWindowsだったのですがメインOSがLinuxな都合上このためだけにWindowsを開きたくありませんでした.
というわけでUbuntu20.04上で環境構築をしようという感じです.

環境

私の環境は以下のようになっています.

  • OS: Ubuntu 20.04
  • Quartusのバージョン: Quartus Prime Lite Edition v20.1.1

Quartus Primeのインストールについて

まずは公式のダウンロードセンターからインストーラーをダウンロードします.
次にダウンロードしてきたtarファイルを解凍しましょう.

$ mkdir quartus

$ mv ./Quartus-lite-20.1.1.720-linux.tar ./quartus

$ cd quartus

$ tar -xvf ./Quartus-lite-20.1.1.720-linux.tar

解凍後, ディレクトリに展開されたsetup.shを実行します.

$ sh ./setup.sh

USB-Blasterの設定

Quartus Prime Lite Editionがインストールできましたがこのままでは動きません.

Quartusのprogrammerを開いてそこからHardware Settingsを選択しましょう.
この状態でもUSB-Blaster variantが選択できますが, 本来ではUSB-Blasterを選択する必要があります.
USB-Blaster variant

ということでUSB-Blasterの設定をしましょう.
Arch Wikiに詳しく乗っているので従いながら設定を進めます.
Arch Wiki USB-Blaster

まずは新しいudevルールを作成します.
/etc/udev/rules.d/51-altera-usb-blaster.rulesに以下の設定を書き込みます.

SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="09fb", ATTR{idProduct}=="6001", MODE="0666"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="09fb", ATTR{idProduct}=="6002", MODE="0666"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="09fb", ATTR{idProduct}=="6003", MODE="0666"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="09fb", ATTR{idProduct}=="6010", MODE="0666"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="09fb", ATTR{idProduct}=="6810", MODE="0666"

次に以下のコマンドでファイルをリロードします.
このときデバイスはPCから切断してください.
私の環境では管理者権限で実行する必要がありました.

$ sudo udevadm control --reload

コマンド実行後, PCを再起動してください.

では再びHardware Settingsを見てみましょう.
今度はUSB-Blaster variantではなくUSB-Blasterが表示されていることが確認できると思います.
USB-Blaster

この状態で書き込みをしてみましょう.
先程はできなかった書き込みができたと思います.

USB-Blasterに関する注意点

USB-Blasterの設定なのですが, 一度行えばいいというわけではなく, 同じ型番でも違うボードに接続する際はやり直しが必要になります.
やり直しと言っても

`udevadm control --reload` を実行
↓
PCを再起動

で大丈夫です.
もし「型番が同じ違うボードに接続したら書き込みができなくなった!」という方はお試しください.

まとめ

Arch Wiki最高!

参考文献