🧰

Perforce (P4) 入門

2022/06/02に公開約1,100字

はじめに

Perforce のよく使うコマンドを自分の備忘録のためにもまとめました。Perfoce は巨大なバイナリファイルを扱うことが得意で、ゲーム開発業界などで現在でも広く使われている様子です。

1. ワークスペースを作成

$ p4 client -t ${テンプレートのクライアント名} ${クライアント名}

2. ワークスペースをsync

$ p4 sync ${クライアント名}
環境変数のP4CLIENTで設定されているワークスペースをSync
$ p4 sync

特定のファイルがダウンロードされていない

sync が成功したように見せかけて、特定のビュー(ディレクトリ)がローカルに sync されないことがたまにあります。そのような時は p4 sync -f ${クライアント名}で対応すれば解決します。

3. 既存のワークスペースを編集

$ p4 client ${クライアント名}

4. ワークスペースを削除

$ p4 client -d ${クライアント名}

5. その他

現在の設定を確認
$ p4 info
システム全体のワークスペースを見る
$ p4 clients
ユーザ(自分)のワークスペース一覧を見る
$ p4 clients -u ${ユーザ名}

同一のワークスペースを異なるコンピュータで使用するには?

以下のマニュアル通りに対応すれば基本大丈夫です。ただし、事前にsyncデータをダウンロードする先のディレクトリに移動しておく必要がある点をお忘れなく。

https://www.toyo.co.jp/files/user/img/product/ss/help/perforce/r19.1/manuals/p4guide/Content/P4Guide/configuration.workspace_view.multiple_computers.html

6. トラブルシューティング

client is locked, cannot be deleted

p4 client -d ${クライアント名}` で以下のエラーが出る。

client is locked, cannot be deleted

ワークスペースを修正し、optionのlockedを削除する

Discussion

ログインするとコメントできます