Chapter 08

AWS編の概要

CircleCI の設定が終わったので、次はいよいよ AWS のインフラ周りを整備していきます。
大まかな流れは以下のような流れです。

  1. ローカル環境で、docker image を build する
  2. build した docker image を ECR に push する(手動)
  3. ECR に登録した image をもとに ECS(Fargate) にデプロイする(手動)

上記をフロントエンドとバックエンドそれぞれ行っていきます。
また、フロントエンドの ECS とバックエンドの ECS の前にそれぞれ ALB を設置します。
更に Route53 でドメインを取得し、その ALB に紐付け、SSL 対応も行います。

全ての設定が完了したら、 CircleCI を使って、Github のリモートの master(main)ブランチへの merge が成功すると自動でデプロイがされるようにしていきます。