それではバックエンドのデプロイを進めていきます。
まずは本番環境で使用する RDS の設定を行います。

RDS のダッシュボードに進み、[データベースの作成] ボタンをクリックします。

「データベース作成方法を選択」「エンジンのオプション」「バージョン」を選択します。

項目
データベース作成方法を選択 標準作成
エンジンのタイプ MySQL
バージョン MySQL 5.7.30

項目
テンプレート 無料利用枠
DB インスタンス識別子 zenn-app-database1
マスターユーザー名 admin
マスターパスワード (任意のパスワード)

DB インスタンスサイズ、ストレージ、可用性と耐久性 はデフォルトのままで OK です。

項目
Virtual Private Cloud (VPC) デフォルトのもの
サブネットグループ デフォルト
パブリックアクセス可能 あり
VPC セキュリティグループ 新規作成
セキュリティグループ名 zenn-app-rds-security-group
アベイラビリティーゾーン 任意
データベースポート 3306

データベース認証、追加設定はデフォルトのままで OK です。

最後に [データベースの作成] ボタンをクリックします。

RDS のダッシュボードに遷移して、ステータスが「作成中」となりますので、しばらく待ちます。

ステータスが「利用可能」になれば OK です。