📝

【2022年版】エンジニアがよく閲覧する情報収集サイトとは?

2022/12/17に公開約2,700字

はじめに

本記事では、下記の悩みに答えます。

  • エンジニアとして、日々情報収集をしたいけど、どのサイトを確認するべきなのかな。
  • エンジニア関連の情報ってどこのサイトで得られるのかな。
  • エンジニアがよく閲覧している情報収集サイトを知りたい。

本記事の対象者

ITエンジニア(特に情報収集が好きな人)

分析方法

分析方法に関してですが、下図のように分析しました。

分析方法

上記の分析方法の各流れに関して、以降で簡単に説明しますね。

はてなブックマーク

分析する対象として、「はてなブックマーク」を選びました。
「はてなブックマーク」を分析対象として選んだ理由は、以下のためです。

はてなブックマークの詳しいサービス内容に関しては、以下を参照してください。
参照:はてなブックマークとは(公式サイト)

データベース(MySQL)

はてなブックマークの「テクノロジー」ページに掲載された下の情報を取得し、データベースに格納するPythonプログラムを実装しました。ちなみに、2022年1月1日から2022年12月17日までの下記情報を取得しました。

  • テクノロジー(エンジニアな方は、テクノロジー部分を見るだろうという想定)
  • ブックマーク数(下図の赤枠部分)
  • ブックマークされたサイトのURL(下図の黄緑枠部分)

はてなブックマークで利用する情報

はてなブックマークから情報を取得するPythonプログラムは、以下のサイトを参考にして実装しました。

ちなみにMySQLを使った理由としては、「今まであまり使ったことがなかったから」です。
Pythonを使った理由としては、「自分がサクッと利用できる言語だから」です。

集計

MySQLに格納したデータを用いて、Pythonで以下のように集計しました。

  1. MySQLからデータ取得(ブックマーク数、サイトURL、日付)
  2. サイトURLからドメイン部分を抽出(例:https://zenn.dev/xxxxからhttps://zenn.devを抽出)
  3. 日付をもとにして集計

ちなみに、PythonでMySQLを使う方法に関しては以下のサイトを参照しました。

上記の流れで、「エンジニアがよく閲覧している情報収集サイト」を分析してみました。

分析結果【エンジニアが情報収集でよく閲覧するサイトTOP10】

分析結果をご紹介しますね。
分析したところ、「エンジニアが情報収集でよく閲覧するサイトTOP10」は、以下のようになりました。

10位 mercari engineering

https://engineering.mercari.com

9位 DMM inside

https://inside.dmm.com

8位 NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp

7位 Mirrativ Tech Blog

https://tech.mirrativ.stream

6位 PHOTOSHOPVIP

https://photoshopvip.net

5位 AUTOMATON

https://automaton-media.com

4位 Lean Baseball

https://shinyorke.hatenablog.com

3位 Shirogane Lab

https://shirogane-lab.com

2位 Gigazine

https://gigazine.net

1位 ITmedia

https://www.itmedia.co.jp

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「はてなブックマークを用いて、エンジニアが情報収集に利用しているサイトを明らかにする方法」を解説しました。

個人的には、「こんなサイトもあるのか!」と気づきを得られたので、今回の分析結果に関しては、「かなり満足」しています。

本記事が、少しでも皆様のエンジニア生活(主に情報収集面)に貢献できれば幸いです。

2021年版

2021年にエンジニアがよく閲覧した情報収集サイトの分析に関しては、以下の記事をご覧ください。
2021年の人気サイト

Discussion

ログインするとコメントできます