GitHub Actions は60日間リポジトリに活動が無いと自動停止する

公開:2021/02/08
更新:2021/02/08
1 min読了の目安(約1400字TECH技術記事

この件に関して言及している日本語記事が意外と無さそうだったのでメモしておきます。

(追記) よく見たらあった... この記事の3日目前に書かれた記事だったので普通に気づかなかったです😇

https://zenn.dev/goryudyuma/articles/6a17d087dd1bb3

GitHub Actions は、Pull Request に対するレビューや自動コミットだけでなく、以下のように Cron Job に使うことができます。

例:

https://zenn.dev/nikaera/articles/vercel-github-actions

しかしながら、リポジトリ自体に影響の無い処理を GitHub Actions で続けていると、最後にリポジトリに活動を行った60日後に処理が停止します。 以下のような文面のメールも届きます。



なので、もし完全に自動化したい場合は、おそらく 2ヶ月(以内)に1回何かしらの無駄なコミットをする ことで、Cron Job の自動停止も回避できるのではないかと思います(まだ自分は試していませんが...)。自動コミット用の GitHub Actions が別にあるので、それを使えば良いでしょう。

あるいは dependabot のような、依存パッケージのバージョン監視botを導入して、2ヶ月(以内)に1回プルリクエストを送ってもらうようにすればいいですね。

Reference

To prevent unnecessary workflow runs, scheduled workflows may be disabled automatically. When a public repository is forked, scheduled workflows are disabled by default. In a public repository, scheduled workflows are automatically disabled when no repository activity has occurred in 60 days.