🙅

GitHub Pages は(GitHub 無料プランにおいて)プライベートリポジトリでは運用できない

1 min read 2

タイトルの通り。
2020年12月現在、プライベートリポジトリで GitHub Pages を使うことはできない。
GitHub Pages をデプロイしていた公開リポジトリを途中で非公開にすると、対応するページはすぐに 404 Not Found に切り替わる。

https://docs.github.com/ja/free-pro-team@latest/github/working-with-github-pages/about-github-pages

GitHub Pagesは、GitHub Free及びOrganizationのGitHub Freeのパブリックリポジトリ、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverのパブリック及びプライベートリポジトリで利用できます。

プライベートリポジトリで GitHub Pages を使うには、何らかの課金プランに登録する必要がある。どうしても無料でソースコードを非公開にしたい場合は Netlify 等の代替手段を検討するべき。


以下のような古い記事が GitHub Pages はプライベートリポジトリで使えると書いているのがミスリーディングなので、対策として記事を書いた。