GitHub Pages はプライベートリポジトリでは運用できない

公開:2020/12/17
更新:2020/12/17
1 min読了の目安(約900字IDEAアイデア記事 2

タイトルの通り。
2020年12月現在、プライベートリポジトリで GitHub Pages を使うことはできない。
GitHub Pages をデプロイしていた公開リポジトリを途中で非公開にすると、対応するページはすぐに 404 Not Found に切り替わる。

GitHub Pages is available in public repositories with GitHub Free and GitHub Free for organizations, and in public and private repositories with GitHub Pro, GitHub Team, GitHub Enterprise Cloud, and GitHub Enterprise Server. For more information, see "GitHub's products."

プライベートリポジトリで GitHub Pages を使うには、何らかの課金プランに登録する必要がある。どうしても無料でソースコードを非公開にしたい場合は Netlify 等の代替手段を検討するべき。


以下のような古い記事が GitHub Pages はプライベートリポジトリで使えると書いているのがミスリーディングなので、対策として記事を書いた。