👩‍🏫

Marpで研究発表スライドを作る 〜Beamerを卒業しよう〜

2022/05/24に公開約3,400字

私は研究室のミーティング等で発表スライドを作成するとき、これまで

  • しっかり作り込みたい時: PowerPoint
  • あっさり作り上げたい時: Beamer (Overleaf 上で)

という感じでツールを分けていました。しかし、Beamer よりも楽に使えるものがあればいいなあと思っていました。


最近、Marp という Markdown でスライドを作成できるツールを知り、いくつか記事を読みました。

https://qiita.com/tomo_makes/items/aafae4021986553ae1d8

https://dev.classmethod.jp/articles/make-slides-from-markdown-with-marp/

ツール自体はとても使いやすそうに見えたのですが、記事で紹介されているスライドのデザインが何となく LT 向きで、自分好みではありませんでした。

そこで、よりアカデミックな風味の Marp のテーマ を自分で作ってみましたので、紹介します。

導入方法

Marp for VS Code はインストール済とします。

ディレクトリに以下のファイルを設置してください。

.vscode/settings.json
{
    "markdown.marp.themes": [
        "https://raw.githubusercontent.com/kaisugi/marp-theme-academic/main/themes/academic.css"
    ]
}

これで、

---
marp: true
theme: academic
---

と Markdown の文頭に記述すれば、テーマが使えるようになります。

デモ

---
marp: true
theme: academic
paginate: true
math: katex
---

<!-- _class: lead -->

# Marpで研究室の発表スライドを作る

#### 〜Beamerを卒業しよう〜

<br>

**著者 太郎**
ほげほげ研究室 M2


---

<!-- _header: 目次 -->

1. はじめに
1. コードブロック
1. 数式
1.


---

<!-- _header: はじめに -->

- Marp とは **Markdown****スライド**を作成するためのソフトウェアである。
  - 基本的な Markdown のシンタックスがサポートされている。
- Markdown 上で `---` という区切り線を入れるだけで、次のページに移動することができる。$^1$

> 1: Marp は CommonMark という Markdown の仕様に沿って開発されているため、CommonMark に含まれていない「脚注」の文法(`[^1]` を使うもの)が提供されていない。そこで、https://github.com/marp-team/marp/discussions/150#discussioncomment-1302384 を参照して擬似的に脚注を実現した。


---

<!-- _header: コードブロック -->

```python
import torch
print(torch.cuda.is_available())
```

こんな感じでコードブロックを書くことができる。

```python
from transformers import AutoModelForMaskedLM, AutoTokenizer
model = AutoModelForMaskedLM.from_pretrained("cl-tohoku/bert-base-japanese-whole-word-masking")
tokenizer = AutoTokenizer.from_pretrained("cl-tohoku/bert-base-japanese-whole-word-masking")

inputs = tokenizer.encode_plus("私はとても[MASK]です。", return_tensors='pt')
outputs = model(**inputs)
tokenizer.convert_ids_to_tokens(outputs.logits[0][1:-1].argmax(axis=-1))
```

横幅は自動調整される(ドキュメントの[Auto-scaling](https://github.com/marp-team/marp-core#auto-scaling-features)を参照)。


---

<!-- _header: 数式 -->

$$ I_{xx}=\int\int_Ry^2f(x,y)\cdot{}dydx $$

$$
f(x) = \int_{-\infty}^\infty
    \hat f(\xi)\,e^{2 \pi i \xi x}
    \,d\xi
$$

こんな感じで数式を書くことができる。もちろんインラインの $\LaTeX$ も使える。  
ついでに絵文字も使える:smile:


---

<!-- _header: 図 -->

1. まず[このいらすとやのリンク](https://www.irasutoya.com/2018/10/blog-post_723.html)から画像(`kenkyu_woman_seikou.png`)を右クリックでダウンロードしてください。
2. この Markdown のあるディレクトリの中に `images` という名前のディレクトリを作り、先ほどダウンロードした画像を配置してください。これで準備が整いました。

![w:300 center](./images/kenkyu_woman_seikou.png)

テーマに修正を加えたい場合

以下の GitHub リポジトリに Issue/PR を出してください。
テーマが気に入った方はスター🌟もお願いします🙇

https://github.com/kaisugi/marp-theme-academic

Discussion

ログインするとコメントできます