📄

Python formatのあれこれ(省略Ver)

2021/02/28に公開

この記事ではPythonの基礎であるformatについてまとめていきます。

もっと詳しくみたいという方はこちらをみてください!

Python formatのあれこれ

それでは早速みていきましょう!

formatをみてみる

name = "かるでね"
print("私の名前は{}です。".format(name))   # 私の名前はかるでねです。

複数の変数を扱う

name = "かるでね"
age = 21
like = "Python"

print("私の名前は{}です。年齢は{}歳です。{}が好きです。".format(name, age, like))   
# 私の名前はかるでねです。年齢は21歳です。Pythonが好きです。

print("私の名前は" + name + "です。年齢は" + age + "歳です。" + like + "が好きです。")  
# 私の名前はかるでねです。年齢は21歳です。Pythonが好きです。

番号で指定

name = "かるでね"
age = 21
like = "Python"

print("私の名前は{0}です。私の名前は{0}です。私の名前は{0}です。".format(name, age, like))   
# 私の名前はかるでねです。私の名前はかるでねです。私の名前はかるでねです。

print("私の名前は{0}です。私の名前は{0}です。私の名前は{0}です。".format(name))    # ②
# 私の名前はかるでねです。私の名前はかるでねです。私の名前はかるでねです。

キーワード指定


name = "かるでね"
like = "Python"

print("私の名前は{name}です。{like}が好きです。".format(name=name, like=like))   
# 私の名前はかるでねです。Pythonが好きです。

もっと簡単に書こう


name = "かるでね"
like = "Python"

print(f"私の名前は{name}です。{like}が好きです。")   
# 私の名前はかるでねです。Pythonが好きです。

応用

小数点

import math

pi = math.pi

print("円周率: {pi:.2f}".format(pi=pi))   # 円周率: 3.14
print("円周率: {pi:.3f}".format(pi=pi))   # 円周率: 3.142
print("円周率: {pi:.5f}".format(pi=pi))   # 円周率: 3.14159

カンマ区切り

prace1 = 10000000
prace2 = 100000000000000

print("prace1: {:,}".format(prace1))   # prace1: 10,000,000
print("prace2: {:,}".format(prace2))   # prace2: 100,000,000,000,000

%


name = "かるでね"
like = "Python"

print("私の名前は%sです。" % name)   # 私の名前はかるでねです
print("私の名前は%sです。%sが好きです。" % (name, like))   # 私の名前はかるでねです。Pythonが好きです。

今回は「fotmat」について確認してきました。

pythonで何か作るにしても、機械学習をやるにしても「fotmat」は使われるので今後は積極的に使用していきましょう。

Twitterでもお役立ち情報を発信しているのでぜひ!

それでは!

Discussion

ログインするとコメントできます