🐍

【初心者】Djangoでアプリケーションを作成する手順~準備編~

5 min read

はじめに

この記事はPycharmでDjangoを使ってアプリケーションを作成する準備の段階を書いていきます。
あくまで僕の手順なので、他の方の記事も見るとより理解が深まると思います。

新しいPycharmプロジェクトを作成する

  1. Pycharmの左上のメニューバーから「ファイル」を選んでクリック。
  2. その中の一番上の「新規プロジェクトを作成」をクリック。
  3. ロケーションの部分にデフォルトで「untitled」とは言っているのでその部分を削除して、自分の好きなプロジェクト名を入れる。
  4. 右下の作成を押すと新規のウィンドウに作成するか、今いるウィンドウで作成するか聞いてくるので、好きな方を選ぶ。
    これでプロジェクトの作成は完了です。

仮想環境構築

今回はPipenvを用いて仮想環境の構築を行なっていきます。
Pycharmの左下のあるターミナルを開いてください。

インストールされているかの確認

まずインストールされているか確認します。

$ pipenv --version

数字が出ればインストールされています。

インストールされていない時

$ pip install pipenv

このように入力すればインストールができます。

Djangoを追加

$ pipenv install django

このように入力することで、最新のdjangoをインストールできます。

仮想環境有効化

$ pipenv shell

このように入力すると、ターミナルの一番左の部分の「(base)」となっていた部分が、プロジェクト名に変わっていることが確認できます。
ここまでで仮想環境の構築は終了です。

Djangoのプロジェクトとアプリケーションを作成

まずはプロジェクトを作成していきましょう。

$ django-admin startproject プロジェクト名     #プロジェクト名のディレクトリの上に同じ名前のディレクトリができてしまう
$ django-admin startproject プロジェクト名 .   #Pycharmのプロジェクトの直下に作成できる

①だとやってみるとわかるのですが、余計なディレクトリができてしまうので、②のように最後に「.」をつけるのがおすすめです。

次にアプリケーションを作成していきます。

$ python manage.py startapp アプリ名

これでアプリが作成できます。

ついでに

あとで作成することになるので、あらかじめ作成しておくと良いものを書いておきます。

Pycharmプロジェクト
      |
      |___djangoプロジェクトディレクトリ
      |
      |___djangoアプリケーションディレクトリ______templates   #このアプリケーションでのみ使われるHTMLファイルを格納
      |                             |
      |___manage.py                  |___urls.py   #デフォルトでは用意されていない
      |      
      |___templtes___base.html   #アプリケーションが増えても`base.html`は多くの場合共通のものが使われるため。
      | 
      |___ static_____cssディレクトリ   #CSSファイルを格納
      |           |___imgディレクトリ   #画像ファイルを格納
      |           |___jsディレクトリ   #JavaScriptファイルを格納
      |                       
      |___その他のファイル類             

urls.pyの作成

アプリの方には「urls.py」がないので、アプリのディレクトリに作成します。

# アプリケーションディレクトリに移動
$ cd アプリケーションディレクトリ名

# urls.pyファイルを作成
touch urls.py

これで完了です。

templatesの作成

HTMLファイルを入れておくtemplatesディレクトリを作成しましょう。

#Djangoアプリケーションディレクトリに移動
$ cd アプリケーションディレクトリ名

#templatesディレクトリの作成
$ mkdir templates

もう1つのtempaltesディレクトリを作成します。

#プロジェクトディレクトリに移動
$ cd プロジェクト名

#tempaltesディレクトリの作成
$ mkdir templates

#base.htmlファイルを作成
$ cd templates
$ touch base.html

これでOKです。

staticディレクトリを作成

CSSファイルやJavaScriptファイル、画像ファイルなどを保存する「static」ディレクトリを作成しましょう。

#アプリケーションディレクトリに移動
$ cd アプリケーションディレクトリ名

#staticディレクトリを作成
$ mkdir static

#staticディレクトリに移動
$ cd static

#cssディレクトリ作成
$ mkdir css

#javascruptディレクトリ作成
$ mkdir javascrupt

#画像を入れておくディレクトリ作成
$ mkdir img

これで「static」ディレクトリの用意は完了です。

実行できるか確認

最後に実行できるか確認しましょう。

#データベース構成のバージョン管理をするための、マイグレーションファイルというものを作成
$ python manage.py makemigrations 

#データベース構成を変更したり、変更を取り消す
$ python manage.py migrate

この2つをターミナルに打ち込みましょう。

#実行!!!
$ python manage.py runserver

これを無事に実行できると

http://127.0.0.1:8000/

と表示されるのでクリックするとブラウザに飛びます。
ブラウザが開いた時にロケットが飛んでいれば無事に実行できています!

終わりに

今回はPycharmでのdjangoを使ったアプリケーション作成の準備段階の手順を解説してきました。
参考になれば幸いです。
今後続きの記事を作成していく予定ですのでよければ見ていってください。