[Django初心者]DjangoでTodoリストを作成する⑤(省略Ver)

6 min read読了の目安(約5500字

今回は「[Django初心者]DjangoでTodoリストを作成する」の第4回として、Todoの編集画面を作成していきます。

前回は、詳細画面の表示をしました。

まだそこまでやれていない人はぜひ前回までをみてください!

[Djnago初心者]DjnagoでTodoリストを作成する① (省略Ver)

[Django初心者]DjangoでTodoリストを作成する②(省略Ver)

[Djnago初心者]DjnagoでTodoリストを作成する③ (省略Ver)

[Django初心者]DjangoでTodoリストを作成する④(省略Ver)

また、この記事は手順の確認のため解説を省いています。
細かい説明しているバージョンもあるので、初学者のかたは下記を見てください。

[Django初心者]DjangoでTodoリストを作成する⑤

GitHubはこちらです。

https://github.com/cardene777

それでは早速やっていきましょう!

構成の確認

まずは前回までの構成の確認からしていきましょう。

├── config
│   ├── __init__.py
│   ├── asgi.py
│   ├── settings.py
│   ├── urls.py
│   └── wsgi.py
├── db.sqlite3
├── manage.py
├── templates
│   └── base.html
└── todo
    ├── __init__.py
    ├── admin.py
    ├── apps.py
    ├── migrations
    │   ├── 0001_initial.py
    │   ├── __init__.py
    ├── models.py
    ├── static
    │   └── todo
    │       └── css
    │           └── list.css
    ├── templates
    │   └── todo
    │       ├── detail.html
    │       ├── list.html
    │       └── update.html
    ├── tests.py
    ├── urls.py
    └── views.py

urls.pyに追記

次にように追記してください。

from django.urls import path
from .views import TodoList, TodoDetail, TodoUpdate, TodoDelete

urlpatterns = [
    path('list/', TodoList.as_view(), name='list'),
    path('detail/<int:pk>/', TodoDetail.as_view(), name='detail'),
    path('update/<int:pk>/', TodoUpdate.as_view(), name='update'),
    path('delete/<int:pk>/', TodoDelete.as_view(), name='delete'),   # ここ
]

vies.pyに追記

次のように追記してください。

from django.views import generic
from .models import TodoModel
from django.urls import reverse_lazy


class TodoList(generic.ListView):
    template_name = 'todo/list.html'
    model = TodoModel


class TodoDetail(generic.DetailView):
    template_name = 'todo/detail.html'
    model = TodoModel


class TodoUpdate(generic.UpdateView):
    template_name = 'todo/update.html'
    model = TodoModel
    fields = ('title', 'content', 'deadline')
    
# ここから
class TodoDelete(generic.DeleteView):
    template_name = 'todo/delete.html'
    model = TodoModel

    success_url = reverse_lazy('list')

delete.htmlの編集

ターミナルで次のようなコマンドを実行してください。

touch todo/templates/todo/delete.html 

再度構成を確認します。

├── config
│   ├── __init__.py
│   ├── asgi.py
│   ├── settings.py
│   ├── urls.py
│   └── wsgi.py
├── db.sqlite3
├── manage.py
├── templates
│   └── base.html
└── todo
    ├── __init__.py
    ├── admin.py
    ├── apps.py
    ├── migrations
    │   ├── 0001_initial.py
    │   ├── __init__.py
    ├── models.py
    ├── static
    │   └── todo
    │       └── css
    │           └── list.css
    ├── templates
    │   └── todo
    │       ├── delete.html
    │       ├── detail.html
    │       ├── list.html
    │       └── update.html
    ├── tests.py
    ├── urls.py
    └── views.py

delete.htmlを次のように編集してください。

{% extends 'base.html' %}

{% block content %}
    <div class="jumbotron jumbotron-fluid">
      <div class="container">
        <h1 class="display-4">削除フォーム</h1>
        <p class="lead">やることを削除しましょう</p>
      </div>
    </div>
    <div class="container">
        <form action="" method="POST">
        {% csrf_token %}
        <h1>{{ object.title }}</h1>
        <p>{{ object.content }}</p>
        <p>{{ object.deadline }}</p>
        <p>本当に削除しますか?</p>
        <input type="submit" value="削除">
    </form>
    </div>
    <div class="container">
        <p class="btn-content"><a href="{% url 'list' %}" class="btn btn-info" tabindex="-1" role="button" aria-disabled="true">一覧に戻る</a></p>
    </div>
{% endblock content %}

list.htmlに追記

次のように追記してください。

{% extends 'base.html' %}
{% load static %}

{% block header %}
<link rel="stylesheet" href="{% static 'todo/css/list.css' %}">
{% endblock header %}

{% block content %}
<div class="jumbotron jumbotron-fluid">
    <div class="container">
        <h1 class="display-4">TodoList</h1>
        <p class="lead">やることを記入しましょう</p>
    </div>
</div>
<div class="container ">
    {% for list in object_list %}
        <div class="one_box">
            <h1>{{ list.title }}</h1>
            <h4>{{ list.deadline }}</h4>
            <div class="btns">
                <p class="btn-content"><a href="{% url 'detail' list.pk %}" class="btn btn-primary "tabindex="-1" role="button" aria-disabled="true">詳細</a></p>
                <p class="btn-content"><a href="{% url 'update' list.pk %}" class="btn btn-info" tabindex="-1" role="button" aria-disabled="true">編集</a></p>
                <!--ここの間-->
                <p class="btn-content"><a href="{% url 'delete' list.pk %}" class="btn btn-danger" tabindex="-1" role="button" aria-disabled="true">削除</a></p>    
                <!--ここの間-->
            </div>
        </div>
    <hr>
    {% endfor %}
</div>
{% endblock content %}

詳細画面の表示

それでは早速削除画面を表示させてみましょう。

こちらにアクセスしてください。
http://127.0.0.1:8000/list/

どのTodoでも良いので「削除」というボタンをクリックしてください。

登録していた情報がしっかり表示されていますね。

それでは「削除」というボタンを押してください。

そうすると一覧表示画面が表示され、先ほど削除したデータが表示から消えていると思います。

これで削除画面の作成とデータ野削除の実行は完了です!

お疲れ様でした!

最後に

今回は「DjnagoでTodoリストを作成する」の第5回として、Todoの削除画面を作成して、todoの削除をするところまでやってきました。

続き...

[Django初心者]DjangoでTodoリストを作成する⑥(省略Ver)

質問などがあればコメントするか、TwitterのDMまで送ってください!

それでは!