😁

Jestでスナップショットのパスを変更する

1 min read

ちょっと面倒だったのでメモ

サンプル

TypeScriptをdistにコンパイルして、.jsファイルでテストを実行する場合でサンプルを書きますが、
別のパターンでも簡単に応用できると思います。

ファイル構造は以下の想定

src/
  ├─ index.ts
  ├─ index.test.ts // テスト
  └─ index.test.snap <= ここにスナップショットを出力したい
dist/
  └─ src/
      ├─ index.js
      └─ index.test.js

実行コマンドの想定

jest dist/src/index.test.js

実装

jest.config.js
module.exports = {
  ...
  snapshotResolver: './src/snapshotResolver.js',
};
src/snapshotResolver.js
module.exports = {
  /**
   * テストファイルのパス => スナップショットのファイルパスに変換
   * dist/src/index.test.js
   * => src/index.test.snap
   */
  resolveSnapshotPath: ( testPath, snapshotExtension ) =>
    testPath.replace( 'dist/', '' ).replace( '.js', '' ) + snapshotExtension,

  /**
   * スナップショットのファイルパス => テストのファイルパスの変換
   * src/index.test.snap
   * => dist/src/test/create.test.js
   */
  resolveTestPath: ( snapshotFilePath, snapshotExtension ) =>
    snapshotFilePath
      .replace( 'src/', 'dist/api/src/' )
      .slice( 0, -snapshotExtension.length ) + '.js',

  /**
   * 整合性の確認のためのサンプルが必須のようです
   */
  testPathForConsistencyCheck: 'dist/src/example.test.js',
};

以上!

Discussion

ログインするとコメントできます