📘

OpenWrt+OCNバーチャルコネクトでIPv6接続する(その2:ハードウェアの調達)

2 min read

はじめに

自宅のインターネット環境をPPPoE(IPv4)環境からOCNバーチャルコネクトを使ったIPoE(IPv4 over IPv6)にするシリーズの第2弾。前回はハードウェアとソフトウェアを選んで、PC Engines社のapu2という製品を使うことにした。これ、Amazonやらで売っておらず、過去には取り扱っている会社もあったようだが、個人で直接購入することもできるので、その方法をメモしておこうと思う。

購入方法

海外から直接購入と聞くとハードルが高いように思われがちだが、クレカさえあれば個人でも簡単に購入できることがわかった。購入にあたっては下記のサイトを参考にした。というか丸パクリである。

製品を選ぶ

このページ(ホームページの上部メニューから「Shop」を選ぶ)に飛ぶと、上の方に「PC Engines direct」というセクションがある。ここからUSD Pricesというリンクを選ぶと、製品を選ぶページに行く。

上部のタブが「apu」となっていることを確認したら、欲しい製品を選んでテキストボックスに数量を入力していく。私はapu2e2(GX-412TC quad core/2GB/3 Intel GigE/2 miniPCI express/mSATA/USB/RTC battery)というスペックのものを選んだが、ここは希望のスペックと財布事情と相談してほしい。本体に加え、ケース・アダプタ(US仕様)・mSATAカード・USB-serialケーブル・ヒートスプレッダのガイドを購入した。

希望の数量を入れたら、上部タブの「cart」をクリックする。この辺は、少し癖がありますね。

発注する

連絡用のメールアドレスや、住所氏名など注文に必要な情報を入力する。英語での住所の入力方法はググってほしい。Terms&Conditioinsに同意するならチェックボックスにチェックを入れて「Submit」すると発注される。

確認のメールがくる

「Submit」すると、下記のようなメールが送られてくる。

Thank you for your order - see order details below.
This is NOT a binding offer. Inventory is subject to prior sale !
International shipping is too complicated to be calculated automatically.

送料を計算するから少し待ってほしいと。まだこの時点で支払いは不要。

invoice到着

しばらくすると、下記のようなメールに、明細のPDFが添付されて送られてくる。

Ready to ship, waiting for your payment.
*** add $8 for faster UPS shipping ***

Payment information: http://www.pcengines.ch/pay.htm

明細には送料も加わった形で記載されている。私の場合は送料$23だった。

メールのリンク先に行き、注文番号(w9999みたいな文字列)とinvoiceにある金額を入力する。クレジットカードにはVisaかMasterが対応している。3Dセキュアに対応したカードじゃないと払えないようだった。PayPalは面倒だからやめたと記載されていた。ここ一番怖いところだけどなんとか突破してください。

発送連絡

支払ってしばらくすると「送ったよ」というメールとトラッキングナンバーが送られて来ます。送付元はオランダになっていたので、post nlのサイトからトラッキングナンバーを入力すると追跡可能です。国際郵便なので、日本郵政のEMS 追跡サイトでも確認が可能。

到着

私の場合は、2021/03/10に発注して2021/03/24に到着したので、2週間で届いたことになる。まぁ標準的ですかね。もっと早くほしい場合は、支払いの時に$8上乗せすれば早くなるらしいけどどれくらい早くなるかは不明。

まとめ

海外通販なのでハードルは高いと思いますが、慣れなので是非慣れてほしい。中間業者がいないので安く買えますよ。次回は開封とOpenWrtのインストールをやっていきたいと思う。

Discussion

ログインするとコメントできます