📦

Juliaのバージョンを上げる手順

1 min read

Linuxサーバーに立った開発環境のJuliaのバージョンを v1.5.0 から v1.6.0 へ上げたくて、アルコールを入れながらちょこっと作業をしたので、その時何をしたかのメモです。
# 私がいじった環境は、正しくはJuliaのDockerイメージをベースに作ったコンテナ(なのでUbuntu)なのですが、とりあえず対象広めに、、

なお、これを参考にしています。やはりStack Overflowは良い、、

手順

jillでJuliaをインストールする

Linux用にJuliaのインストーラーとして jill があるよ、と言うことなので、これから v1.6.0 をインストールすることにしました。

リンクから読めるREADMEに沿って、

$ wget https://raw.githubusercontent.com/abelsiqueira/jill/master/jill.sh
$ bash jill.sh -v 1.6.0

これで、 /opt/julias/julia-1.6.0 との形で最新バージョンのJuliaが落ちてきます。

$ /opt/julias/julia-1.6.0/bin/julia --version

で、1.6.0 と出ればOKです。

シンボリックリンクを作り直す

/usr/local/julia/binPATH が通っており、/usr/local/julia がシンボリックリンクで各バージョンとつながっている形になっているので、シンボリックリンクを作り直します。

$ rm -rf /usr/local/julia
$ ln -s /opt/julias/julia-1.6.0 /usr/local/julia

これで julia --version と叩けば、1.6.0 と出てくれるはずです。

旧バージョン時にインストールしたパッケージをコピーする

バージョンアップの度にパッケージを入れ直すのは辛いので、旧バージョンの情報をコピーした上で、Pkg.update() をかけて、心機一転パッケージたちも最新バージョンに上げていこうと思います。

まず、~/.julia/environments/${旧version} に置かれている環境情報を、最新バージョン用にコピーします。

$ cp -r ~/.julia/environments/v1.5 ~/.julia/environments/v1.6

その上で、Juliaコンソールに入って

(@v1.6) pkg> update

これでパッケージの最新化も含めて完了です。

まとめ

パッケージマネージャーでサクッと、、と言う訳には行かずも、思ったより楽に事は済みました。めでたし!

Discussion

ログインするとコメントできます