Open10

AWS CloudFormation

#テンプレート

スタックの設計図

Resourses

  • 必須項目
  • 起動する英ソースのタイプやプロパティをしてい

Metadata Key

  • マネジメントコンソールの画面上でパラメータをわかりやすく表示するための機能

Parameters

  • スタック作成や変更時にユーザに入力を求めるパラメータ
    • KeyPairの名前やDBのユーザ名など

Mappings

  • リージョンやユーザ入力パラメータによって値が変わるものに利用
  • テンプレートの再利用性が向上
  • !FindInMap
  • !Ref

Conditions

  • 本番環境と検証環境で構成が異なる場合に便利
  • 可読性は下がる

Outputs

  • スタック構築時に表示・取得した値や他スタックとの連携のための出力を指定

デプロイ

  • AWS CodePipeline
    • 自動化・安全・繰り返し可能
    • デプロイリソースへの手動アクセス禁止
  • Change Setで変更内容を確認してデプロイ
  • StackSet(マルチリージョンマルチアカウント)

ドリフト - 更新時に変更のあったもの

スタックポリシー

スタックの削除・変更を防ぐ

  • stack-policy.json ポリシーファイル

DeletionPolicy

  • Delete - 削除
  • Retain - 保持
  • Snapshot - スナップショット
ログインするとコメントできます