Open8

AWS Systems Manager

  • マネージドインスタンスにするためには SSM Agentの導入が必要
  • 多くのオフシャルイメージには導入済み
  • オンプレは手動でSSM Agentのインストールが必要
  • SSM Agentからのアウトバウンド経由を確保する(インバウンド経路は不要)
  • VPNエンドポイント経由でのアクセスも可能(プライベートリンクでENIを生やす)
  • オンプレもDirect ConnectやVPN経由でアクセス可能
  • IAMロールをEC2にアタッチ
    • AmazonSSMManagedInstanceCore
    • AmazonEC2RoleForSSMも使用可能だが、権限が広く推奨されない
  • AWSリソースに関する情報を把握するためのダッシュボード
    • SSM Explorer
      • マルチアカウント/マルチリージョン
    • SSM OpsCenter
    • コンプライアンス
  • インスタンスの中身を把握するための機能
    • SSMインベントリ
      • Athena/Quick Sightと連携しマルチアカウント/マルチリージョン分析が可能
  • SSM パッケージマネージャー
    • インスタンスに指定されたパッチダウンロードサイトへのアクセス経路の確保が必要
    • パッチ適用後の再起動はNoRebootオプションでタイミングを制御可能
ログインするとコメントできます