🐙

Next.js+VercelにRoute53で取得したドメインを設定

2023/02/20に公開

TL;DR

  • Vercel に Route53 で取得したドメインを設定する方法を紹介します。
  • ドメインは Production 環境に設定することを想定しています。

前提

Route53 でドメインを取得済みとします。
Route53 でドメインを取得する方法は以下を参照ください。

https://zenn.dev/hayato94087/articles/f03773b87a9837

取得済みのドメインを確認

以下の手順で、Route53 で取得済みのドメインを確認します。

  • AWS アカウントにログインします。

  • 検索ボックスに「route53」と入力します。
  • 検索結果が表示されるので、「Route53」をクリックし、Route53 のコンソール画面に遷移します。

  • 「登録済みのドメイン」をクリックし、登録済みのドメインを確認します。

「next-study-ak3la.com」を今回は利用します。

Vercelにドメインを設定

以下の手順で、Vercel にドメインを Route53 で取得したドメインを設定します。

  • Vercel プロジェクトを選択します。

  • 「Settings」をクリックします。

  • 「Domains」をクリックします。

  • 先程確認したドメインを入力します。
  • 「Add」をクリックし。、ドメインを追加します。

  • 選択肢が出ますが、今回は「Recommend」を選択します。
  • 「ADD」をクリックします。

  • エラーが2つ出ています。
  • これは Route53 にレコードをまだ作成していなく、名前解決ができていないためです。

  • 1 つめのエラーです。

  • 2 つめのエラーです。

Route53にレコードを作成

以下の手順で、Route53 にレコードを作成します。

  • 「ホストゾーン」をクリックします。

  • ホストゾーン名をクリックします。

  • 「レコードを作成」をクリックします。

エラー内容を確認しながら、1つめのエラーを解消するためのレコードを作成します。

  • レコードタイプを設定します。
  • 値を入力します。
  • 「レコードを作成」をクリックします。


エラー内容を確認しながら、2 つめのエラーを解消するためのレコードを作成します。

  • レコードタイプを設定します。
  • 値を入力します。
  • 「レコードを作成」をクリックします。


  • レコードを2つ作成したので、Vercel の設定画面に戻ります。

Vercelの設定の確認

以下の手順で、Vercel の設定が完了していることを確認します。

  • Vercel の設定画面に戻ると、先程の2つのエラーは解消されています。

  • Vercel 側で設定が完了すると以下の2つのメールが届きます。特にすることはありません。

動作確認

  • ブラウザでアクセスしてみます。

まとめ

  • Vercel に Route53 で取得したドメインを設定する方法を紹介しました。

参考

https://tech-broccoli.life/articles/engineer/setting-vercel-route53-domain/
https://dev.classmethod.jp/articles/vercel-custom-domain-route53/
https://zenn.dev/keitakn/scraps/cd5aca5ddf0957

Discussion

ログインするとコメントできます