[ConoHa WING] SSH 接続する方法

公開:2020/12/13
更新:2020/12/13
1 min読了の目安(約1700字TECH技術記事

手順

1. SSH Key を作成

ConoHa コントロールパネルの WING の[サーバー管理]の[SSH]ページの右上の[SSH Key]ボタンをクリック。

ネームタグは何でも良いです。自動生成が選択されたまま、保存をクリック。

クリック後、上記のモーダルが表示されます。ダウンロードしてください。この後、使います。

作成されたネームタグをクリックすると上記の情報を確認することができます。

以上で、SSH Key の作成は完了です。

2. SSH Key を移動したり権限を設定したり

先程、ダウンロードした .pem ファイルを ~/.ssh ディレクトリに移動させます。

以下のように mv コマンドで移動させます。

mv /Users/hayatoise/Downloads/name-tag.pem ~/.ssh

~/.ssh ディレクトリが無い場合は、mkdir コマンドで作成してください。

chmod 400 ~/.ssh/name-tag.pem

chmod コマンドで .pem ファイルに所有者の PC のみ読み込み権限を付与します。

3. SSH 接続

ConoHa のコントロールパネルの任意の SSH Key の情報を元に ssh 接続コマンドを書きます。

仮にホスト名が www123.conoha.ne.jp ポート番号が 1234 ユーザ名が conoha .pem ファイルが name-tag.pem だった場合は以下のコマンドになります。

ssh conoha@www123.conoha.ne.jp -p 1234 -i ~/.ssh/name-tag.pem

以下のような状態になれば、接続完了です。

[conoha@web0123 ~]$

4. SSH 接続用のコマンドを省略する

SSH 接続する度に長いコマンドを入力するのは手間です。省略しましょう。ssh conoha で接続できるようにします。

touch ~/.ssh/config

上記の touch コマンドで config ファイルを作成します。当然、既に作成済みの場合は必要ありません。

vim コマンド等で config ファイルに以下のような設定を記述してください。

仮にホスト名が www123.conoha.ne.jp ポート番号が 1234 ユーザ名が conoha .pem ファイルが name-tag.pem だった場合は以下のように記述してください。

Host conoha
  HostName www123.conoha.ne.jp
  IdentityFile ~/.ssh/name-tag.pem
  User conoha
  Port 8022

正しく記述されていたら、ssh conoha コマンドのみで接続できます。