🧊

UbuntuをインストールするVirtualBoxの仮想マシンを作成します。

2022/04/03に公開約2,500字

はじめに

この記事ではWindows 10にインストールしたVirtualBoxで仮想マシンを作成する方法を紹介します。
作成する仮想マシンには「Ubuntu」をインストールすることを想定しています。

Ubuntuとは?

Ubuntu(ウブントゥ) とは、コミュニティ により開発されているオペレーティングシステムです。
ラップトップ、デスクトップ、そしてサーバーに利用することができます。

長期サポート(LTS)版を利用すれば、5年間に渡りセキュリティアップデート提供されます。

Ubuntuとは | Ubuntu Japanese Team(https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu)から引用・一部抜粋)

前提

  • Windows 10にVirtualBoxをインストールしていること。

環境

  • Windows 10
  • VirtualBox 6.1.32

作成する仮想マシン概要

  • タイプ:Linux
  • バージョン:Ubuntu(64-bit)
  • メモリーサイズ:4096MB
  • ハードディスクサイズ(仮想ハードディスクサイズ):100GB
  • プロセッサー数:4CPU
  • ネットワーク割り当て:ブリッジアダプター

手順概要

  1. VirtualBoxを起動します。
  2. 仮想マシンを作成します。
  3. 仮想ハードディスクを作成します。
  4. 仮想マシンの設定をします。

手順詳細

1. VirtualBoxを起動します。

  • VirtualBoxのアイコンをダブルクリックして起動します。

2. 仮想マシンを作成します。

  • 「新規(N)」をクリックします。(以下のイメージの赤枠で囲った部分です。)

  • 「名前」、「タイプ」、「バージョン」、「メモリーサイズ」を適宜入力します。

    • 名前:任意の文字列を入力してください。(以下のイメージでは、hatotk-example.mlと入力しています。)
    • タイプ:Linux
    • バージョン:Ubuntu(64-bit)
    • メモリーサイズ:4096MB

  • 作成ボタンをクリックします。

3. 仮想ハードディスクを作成します。

  • 「ファイルサイズ」を適宜入力します。
    • ファイルサイズ:100.00GB

  • 作成ボタンをクリックします。

4. 仮想マシンの設定をします。

  • 「設定(S)」をクリックします。(以下のイメージの赤枠で囲った部分です。)

  • 「システム」→「プロセッサー(P)」の順にクリックします。(以下のイメージの赤枠で囲った部分です。)

    • 「プロセッサー数」を適宜入力します。
      • プロセッサー数:4
  • 「ネットワーク」をクリックします。
    「アダプター 1」が選択されていることを確認します。
    「ネットワークアダプターを有効化(E)」がチェックされていることを確認します。
    (以下のイメージの赤枠で囲った部分です。)

    • 「割り当て(A)」を適宜入力します。
      • 割り当て(A):ブリッジアダプター
    • OKボタンをクリックします
  • 設定が完了します。

さいごに

仮想マシンを作成するとその仮想マシン上でOSを実行できたりします。

Discussion

ログインするとコメントできます