【Dart】Map型の使い方とよく使うメソッドまとめ

公開:2020/12/07
更新:2020/12/07
1 min読了の目安(約1100字TECH技術記事


Map型は、keyと呼ばれる値とvalueと呼ばれる値を紐付けて格納するオブジェクトです。

【Flutter】3日でできるFlutterアプリ開発入門
環境構築から簡単なアプリの開発を通じてFlutterを最短"3日"で学習

https://www.udemy.com/course/flutter_starter/

変数宣言

まずは、型を指定して宣言します。
今回はフレームワーク名をkeyにして、対応言語名を格納します。

Map<String, String> frameworks = {
 'Flutter' : 'Dart',
 'Rails' : 'Ruby',
};

型推論を使って宣言することもできます。

var frameworks = {
 'Flutter' : 'Dart',
 'Rails' : 'Ruby',
};

値を取り出す

frameworks['Flutter'] // 'Dart'

値を追加する

frameworks['React'] = 'JavaScript';
addAll(void

MapとMapを結合するメソッド

frameworks.addAll(
 {
   'Laravel' : 'PHP',
   'Bootstrap' : 'CSS',
 }
);
containsKey(bool)

keyが存在するかどうか確認するメソッド

frameworks.containsKey('Flutter'); // true
frameworks.containsKey('CakePHP'); // false
length(int)

Mapに含まれる値の数を取得するメソッド

frameworks.length // 5
remove(value)

値を削除するメソッド

frameworks.remove('Rails'); // Rails
forEach(void

Mapの値を順番に取り出して処理するメソッド

frameworks.forEach((key, value) {
 print('$key --- $value');
});