🐡

deno install したスクリプトを一括アップデートする

2022/12/06に公開約1,500字

Deno では deno install コマンドによってリモートのスクリプトを実行可能な形式でローカルにインストールすることができます:

https://deno.land/manual@v1.28.3/tools/script_installer

これはとても便利なのですが、インストールしたスクリプトを CLI からアップデートするのはやや面倒で、--force オプションまたは -f フラグを付けて再度同じスクリプトを deno install する必要があります。

実はもっと簡単な方法があります。deno install で作成される executable の実態は以下のようなシェルスクリプトです (deno-ja の Slack で教えてくれた @kt3k さんありがとうございます):

#!/bin/sh
# generated by deno install
exec deno run --allow-read --allow-write --allow-net --allow-env 'https://deno.land/x/nublar@0.2.0/nublar.ts' "$@"

インストール先は次のように決まります (上述の公式ドキュメントより引用):

The installation root is determined, in order of precedence:

  • --root option
  • DENO_INSTALL_ROOT environment variable
  • $HOME/.deno

つまりこれらのシェルスクリプトに書かれているバージョン番号を書きかえてあげれば良いということになります。

というわけで例によって手前味噌ですが、この作業を自動化するツールを作りました:

https://github.com/hasundue/nublar

deno install でインストールして…

deno install --allow-read --allow-write --allow-env --allow-net \
https://deno.land/x/nublar@0.2.0/nublar.ts

こんな感じで使えます:

# list all scripts installed in your environment
$ nublar list
nublar 0.2.0
udd    0.5.0

# check updates for them
$ nublar update --check
Found udd 0.5.0 => 0.7.5

# update all outdated scripts
$ nublar update
Updated udd 0.5.0 => 0.7.5

# or you may specify scripts to be updated
$ nublar update udd

内部的には Denopendabot と同じく udd を使っています。

よろしければお試し下さい。

Discussion

ログインするとコメントできます