__init__.py を作るのが地味に面倒なのでショートカット作った

1 min read読了の目安(約1000字

本記事は Qiita の記事 - init.py を作るのが地味に面倒なのでショートカット作った
の移植です。

小ネタです。

Python でパッケージ切るのに毎回 __init__.py を touch するわけですが、 __init__.py って微妙にタイプしづらくて面倒くさくないですか?面倒くさいですよね...?まれに touch __init.py ってタイプしてしまって「ああ、もう」みたいな気持ちになった人、私だけじゃないはず。。。

ということでシェルから叩けるようにしてみました。ソースはこちら。

# 
# 引用: https://gist.github.com/hassaku63/956daea19d7542dbd82246ffdeaac2d1
# 

function make-pypkg-dir () {
    curdir=$(pwd);
    created_dir=$(dirname $1)/$(basename $1);
    mkdir $1 \
        && touch ${created_dir}/__init__.py \
        && echo "${created_dir}/__init__.py is created."
}

.bashrc もしくは .zshrc に入れて使っています。

make-pypkg-dir path/to/package/dir/

のように使用します。function はシェルの補完が効くので、多少タイプは楽になりました。でもPython公式でなんかしら対応するツールがあるならそっちに乗り換えたい。

シェルに明るくないため、エラーハンドリングは現状適当です。シェルの rc に置いとくのも正解なのかどうかよくわかってない。 コマンドとしてきちんとしたものが作れたならユーザー空間でパスが通ってる場所に置いとくとかの方が正解のような気もしますが、あくまでちょっとしたショートカットでしかないので現状の rc で定義ベタ書きで使うのでもええかな、、という気もします。

シェル芸人の先生から more better なアプローチがあればフィードバックいただけたら嬉しいです