🍈

【git】git stashの使い方

2022/10/07に公開約1,100字

git stashとは

git stashとは、あるブランチで作業中だけど他のブランチに切り替えたい。

コミットをしたくない。

という時に使える魔法のようなコマンドです。

git stashの使い方

変更を待避する

git stash -u

-u をつけることで新規に作成したファイルも待避することができます。

待避したものにコメントをつける

git stash save "コメント"

コメントをつけておくとgit stash listでリストを確認する時に便利です。

待避した作業の一覧を見る

git stash list

待避した作業を戻す

git stash apply stash@{0}

stash@{0}の作業に戻します。
最新のものより前の変更を戻す場合に活躍します。
もちろん最新の変更を戻す時にも使うことができる万能なコマンドです。

一度 git stash listで確認してから戻すのがおすすめです。

git stash apply

こちらだと、最新のものを戻します。

待避リストから削除

git stash drop stash@{0}

stash@{0}をstashのリストから削除することができます。

git stash drop

git stash apply の時と同様に、こちらだと直近にstashした情報を削除することができます。

退避した作業を戻して待避リストから削除

git stash pop stash@{0}

stash@{0}の作業をもとに戻すと同時に、退避作業の中から削除することができます。

git stash pop

git stash applygit stash dropと同じくこちらだと直近の作業を戻して待避リストから削除となります。

よく使用するものは以上になります。

他にも使うものが出てきたらその都度追加予定です。

参考:

https://qiita.com/keisuke0508/items/4ad7caf544b1ad631fd7

https://qiita.com/akasakas/items/768c0b563b96f8a9be9d

Discussion

ログインするとコメントできます