🎶

IFTTTを利用してSpotifyでいいねした曲をMisskeyに投稿する

2022/12/04に公開約4,400字

これは何

タイトル通りですが、IFTTTを利用してSpotifyでいいねした曲をMisskeyに自動投稿する方法を紹介します。

事前準備

アカウントを作成しておくもの

すべてアカウント作成が済んでいれば、ここはスキップしてしまっても大丈夫です。

Misskey に関してはMisskey.io が一番有名かもしれませんがインスタンス一覧 にあるインスタンスであれば大丈夫と思われます。

IFTTTでアプレットを作成する

IFTTT にログインして、アプレットを作成します。

新規アプレットの作成をクリックすると以下のような画面になります。

画面中央の「If This」と 「Then That」をクリックして、それぞれ以下のように設定します。

If This

If Thisをクリックすると、以下のような画面になります。

中央の検索バーからSpotifyを検索、選択します。
一番左がSpotifyになりますので、クリックします。

※ ここでSpotifyのアカウントを連携する必要があります。

If Thisでは「Spotifyで何をしたときMisskeyに投稿するか」を設定します。
Spotify上で曲をいいねしたらMisskeyに投稿したいので、 上段右から2番目の「New saved track」を選択します。

こういう画面になると思います。

これで半分終わりました!(๑•̀ㅂ•́)و✧

Misskeyのアクセストークンの発行

Then Thatで使うアクセストークンの発行をします。

Misskeyのアクセストークンは、設定画面から取得できます。

まず、Misskeyの設定画面に行きます。
左のメニューから「設定」をクリックします。

APIを選択します。

「アクセストークンの発行」をクリックします。

名前は任意で大丈夫ですが、下にスクロールして「ノートを作成・削除する」だけ許可します。

テキスト左のスイッチを押して、ONにします。

アクセストークンが出てくるのでこれをコピーします。
IFTTTで使うので忘れないようにしてください。

Then That

Then Thatをクリックすると、以下のような画面になります。

中央の検索バーからWebhooksを検索、選択します。
中央がWebhooksになりますので、クリックします。

左の「Make a web request」をクリックします。

こういう画面になると思います。

URLには、Misskeyの投稿用APIを指定します。
Misskeyの投稿用APIは、インスタンスのURLに/api/notes/create を付けたものになります。
例えば、Misskey.ioの場合は、https://misskey.io/api/notes/create となります。

Methodは、POSTにします。

Content Typeは、application/jsonにします。

こんな感じになります。

Bodyは、以下のようにします。

{
  "i": "YOUR_MISSKEY_TOKEN",
  "text": "ここに本文が入る",
  "visibility": "home",
}
  • iは、Misskeyのアクセストークンを入れます。
  • textは、ノートされる内容が入ります。
  • visibilityは、投稿の公開範囲です。homeにすると、自分のホームタイムラインにのみ表示されます。

visibilityは、public, home, followers, specified が指定できます。

他にも投稿内容をカスタマイズできるので、気になる人はこちらを参照してください。

textに曲名やアーティスト名を入れる

Then Thatで、Spotifyの曲名やアーティスト名をMisskeyに投稿するには、SpotifyのWebhooksで取得した情報をThen Thatに渡す必要があります。

以下のように、textにカーソルを合わせてから、Add Ingredientをクリックします。
TrackNameを選択すれば、曲名が、ArtistNameを選択すれば、アーティスト名が入ります。
\n は改行を表します。

最後に、Create actionをクリックします。

これで、Then Thatの設定は完了です。

ここまで来たら、「Spotifyで曲にいいねしたら、Misskeyに投稿される」が自動で作成されているはずです。

いいねを押したら、

投稿されます🎉

聖地巡礼

https://misskey.io/notes/98711k94oa

まとめ

IFTTTでWebhookを使うとMisskeyに自動投稿できるので、個人でも色々試せると思います。
IFTTTとWebhookのやり方さえわかれば、他のサービスとの連携もできると思います。

今回、滑り込みの初アドカレ初Misskey関連投稿でしたが、なんとか無事に終わりました。
今後もWebhook使えば色々できそうなので空いた時間でやるかもしれません。そのときはまたお会いしましょう。

参考

https://qiita.com/hir-osechi/items/5e61b7701a98f5084772
https://zenn.dev/meziro/articles/f584843818f150#ノートを投稿する
https://misskey-hub.net/docs/api/endpoints/notes/create.html

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます