🦁

Headless CMSまとめ

2023/01/16に公開

Headless CMSのランキング

https://jamstack.org/survey/2022/#content-management-systems

https://www.g2.com/categories/headless-cms

Strapi

Free plan

  • API Requests (per month): Unlimited
    • content lakeへのリアルタイム同期によるリクエストも含まれる。案外早くこの条件を満たしてしまいそう。1記事あたり300程度のリクエストはしそう
  • Assets: Unlimited
    • 少ない
  • Bandwidth (per month): Unlimited
  • Documents (= Articles): Unlimited
  • Useable API
    • GraphQL
    • HTTP API

概要

完全に自分でhostするHeadless CMS. strapiは TypeScript (or JavaScript) + Node.js + SQLite (or PostgreSQL or MySQL etc) で作成されている。Headless CMS自体はすぐにhostできる。しかし、infraの管理も必要となる。

Google Cloudでhostする場合は以下の構成になる見込み

  • Cloud Run with IAP:IAPでアクセスを制限する。strapiにもアクセス制限を設けることができるが、自身でhostするため広く提供するとリスクが高い。そのためIAPを用いる。
  • Cloud SQL
    • private ip or public ip
    • praivate ip の場合:Cloud RunとCloud SQLを接続するために、1. Cloud Runを自身のVPC(Google Cloud)につなげる 2. Cloud SQLを自身のVPCにつなげる, の2stepが必要
      • Cloud Runを自身のVPCにつなげる: Cloud RunはGoogleで管理されているため、自身のVPC内からアクセスできない。そのため、Cloud RunをServerless VPC Connector を持ちて、VPCをつなげる。
      • Cloud SQLを自身のVPCにつなげる: Cloud SQLもGoogleで管理しているため、自身のVPC内からアクセスできない。この場合はVPC peeringを用いて自身のVPCをつなげる。
    • public ipの場合:Cloud RunとCloud SQLはinternetを通してつなげる。この場合通信を暗号化するためTLSが必要。しかし、GoogleはCloud SQL Auth Proxyを提供しているため、これを使用することでTLSを自身で作成する手間が省ける

機能

  • Strapi Cloud: comming soon. cloudで管理されるCMS。課金形式だと思われるが、値段はわからない(参照)。

Sanity

Free plan

https://www.sanity.io/pricing

  • API Requests (per month): 100k
    • content lakeへのリアルタイム同期によるリクエストも含まれる。案外早くこの条件を満たしてしまいそう。1記事あたり300程度のリクエストはしそう
  • Assets: 5GB
    • ちょっと心もとない、、、
  • Bandwidth (per month): 10GB
  • Documents (= dataset内に属するcontent): 10k
  • Useable API
    • GraphQL: 使えはするが、公式的には独自クエリ言語GROQを押している。また、Mutationは対応していない(個人ブログではまずフロントからmutationを使わないので大丈夫そう。その代わりにCMSのSanity Statdioを使用するが、リクエスト制限がある)。
    • HTTP API
    • GROQ

概要

機能

  • Sanity Stadio:Content Management System, document(記事のこと)を作成するためのツール。Typescript + React + viteのSPAで作成されており、はじめはシンプルな構成となっている。Sanity Stadioコンテンツ制作のためのリアルタイムコラボレーションアプリケーション。どこでhostしていても(ローカルでも)ネットを通じてContent Lakeに接続し、リアルタイムで記事の保存を行う。Sanity Studioには、編集体験をカスタマイズするためのフレームワークも付属している。JavaScriptによるカスタムフォーム検証の定義から、Reactによる入力コンポーネントの構築など、あらゆることを行うことが可能とのこと。
  • Content Lake:Sanity Content Lakeは、コンテンツが保存され、アクセスされる場所。クラウドで動作しており、Sanityによる fully managed。Sanity client-libraryかHTTP APIを用いて、定義されたSanity APIを介してContent Lakeにアクセスする
  • GROQ:open-sourceのquery-language。機能はGraphQLにており、複数リソースタイプを結合して、必要なfieldのみを取得できる。書き方もGraphQLに似ている。

Contentful

Free plan

  • API Requests (per month): 2,000,000
  • content lakeへのリアルタイム同期によるリクエストも含まれる。案外早くこの条件を満たしてしまいそう。1記事あたり300程度のリクエストはしそう
  • Assets: 25k
    • ※ ただし、Documents + Assets で25kいない
  • Bandwidth (per month):
    • Asset bandwidth: .75 TB
    • API calls: 2,000,000
  • Documents (= dataset内に属するcontent): 25k
    • ※ ただし、Documents + Assets で25kいない
  • Contet Type (= 入力欄の数): 48
  • Useable API

概要

機能

Discussion

ログインするとコメントできます