Open2

AWS S3とCloudFrontを調べるぞー

S3

特徴

  • 耐久性が高い
    • 99.999999999% の堅牢性と、99.99% の可用性
  • ストレージが安い
  • 転送中や保存時にデータの暗号化が可能
  • データが複数AZで冗長化される

ストレージタイプ

  • 複数のストレージタイプがあり、用途に応じてストレージタイプを選択する。
  • アクセス頻度と可用性が選択の基準になりそう

値段

  • 容量あたりの料金
  • データ取り出しリクエスト料金
  • データ転送料金
    • データを保存するときには料金は掛からない

S3アクセスポイント

  • アプリケーション向けにS3バケットにアクセスするためのアクセスポイントを作成できる
  • 特定のIPアドレスやウェブサービスにアクセスを限定するアクセス制限を設定できる
  • VPCに対してもアクセス制限を行える

レプリケーション

  • リージョンに設置したS3は複数AZに配置され最初から冗長化されているが、リージョンを跨いだクロスリージョンレプリケーションも行える(さらに耐久性を高められる)
  • 双方向レプリケーションも可能

バージョン管理

  • バケットのバージョン管理ができる
  • 誤操作でデータを消しても過去のバージョンから復活できる
  • デメリットとしてはバージョンの数だけ容量を食うので、定期的に削除してあげた方が良い。

用途

  • コンテンツ配信・保管
    • キャッシュを使うためにCloudFrontと組み合わせて使われることが多い。
  • ログファイルやバッチファイルの保管
  • バックアップデータ
  • WEBの静的ホスティング
  • データレイク

CloudFront

  • AWSのCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービス
  • CDNを各地域に置いて、キャッシュによりコンテンツ配信処理を高速化する
    • コンテンツ配信元のサーバーの負荷軽減になる
    • 配信が高速になる
  • 210以上のエッジロケーションがある
作成者以外のコメントは許可されていません