⚒️

rollup.config.js がデフォルトで ESM 扱いになっていたので対応

2022/10/13に公開約4,200字

rollup.js が v3.x 系にアップデートされましたが、その中で表題のような変更がありました。

Configuration files are only bundled if either the --configPlugin or the --bundleConfigAsCjs options are used. The configuration is bundled to an ES module unless the --bundleConfigAsCjs option is used. In all other cases, configuration is now loaded using Node's native mechanisms (#4574 and #4621)

私の場合は rollup.config.js__dirname を使っているリポジトリあったので、エラーが発生してしまうことになりました。

その対応についてなど。

CJS 扱いにする

エラーになると下記のようなメッセージが表示されます。

図 1-1 エラーメッセージに対応方法が含まれている

[!] RollupError: Node tried to load your configuration as an ES module even though it is likely CommonJS.
To resolve this, change the extension of your configuration to ".cjs" or pass the "--bundleConfigAsCjs" flag.

ここに書いてある通りに拡張子を .cjs とするか、オプションで --bundleConfigAsCjs で指定すると CJS 扱いになります。

試しにオプションを指定するとエラーは回避されました。

図 1-2 オプション指定

$ npx rollup --config --bundleConfigAsCjs

ESM として対応

「どのようなエラーになったのか」で対応は異なりますが、今回の __dirname 関連の場合で記述します。

図 2-1 エラーメッセージ詳細

Original error: __dirname is not defined in ES module scope
This file is being treated as an ES module because it has a '.js' file extension and '/workspaces/gas-gchanges2notion/package.json' contains "type": "module". To treat it as a CommonJS script, rename it to use the '.cjs' file extension.
https://rollupjs.org/guide/en/#--bundleconfigascjs
ReferenceError: __dirname is not defined in ES module scope
This file is being treated as an ES module because it has a '.js' file extension and '/workspaces/gas-gchanges2notion/package.json' contains "type": "module". To treat it as a CommonJS script, rename it to use the '.cjs' file extension.
    at file:///workspaces/gas-gchanges2notion/rollup.config.js:44:27
    at ModuleJob.run (internal/modules/esm/module_job.js:183:25)
    at Loader.import (internal/modules/esm/loader.js:178:24)    at getConfigFileExport (/workspaces/gas-gchanges2notion/node_modules/rollup/dist/shared/loadConfigFile.js:587:17)
    at Object.loadConfigFile (/workspaces/gas-gchanges2notion/node_modules/rollup/dist/shared/loadConfigFile.js:546:59)
    at getConfigs (/workspaces/gas-gchanges2notion/node_modules/rollup/dist/bin/rollup:1679:39)    at runRollup (/workspaces/gas-gchanges2notion/node_modules/rollup/dist/bin/rollup:1656:43)

__dirname が使えないのは以前に自作モジュールを native ESM 対応したときにそういう記述を見かけていました。 探してみるとやはりあったので参考にしながらソースを修正することで対応できました。

リスト 2-1 __dirname の代わりに import.meta を利用

diff --git a/rollup.config.js b/rollup.config.js
index 11ddd21..1c35230 100644
--- a/rollup.config.js
+++ b/rollup.config.js
@@ -4,6 +4,7 @@ import { nodeResolve } from '@rollup/plugin-node-resolve'
 import json from '@rollup/plugin-json'
 import license from 'rollup-plugin-license'
 import * as path from 'path'
+import { fileURLToPath } from 'node:url'
 
 const extensions = ['.ts', '.js']
 
@@ -41,7 +42,11 @@ export default {
       thirdParty: {
         // includePrivate: true, // Default is false.
         output: {
-          file: path.join(__dirname, 'build', 'OPEN_SOURCE_LICENSES.txt'),
+          file: path.join(
+            path.dirname(fileURLToPath(import.meta.url)),
+            'build',
+            'OPEN_SOURCE_LICENSES.txt'
+          ),
           encoding: 'utf-8' // Default is utf-8.
         }
       }

基本的にこれにて一件落着なのでが、ちょっと気になるのは import.meta が使えるようになったはわりと最近だったはずです[1]。roolup.js の設定ファイルに対して、この辺を指定する方法はわかりませんでした。

おわりに

rollup.config.js が ESM として扱われるようになったので、その対応方法を見てみました。

今回はそこそこ簡単に対応できましたが、CJS と ESM 関連は早く落ち着いてほしいなと改めて思いました。

脚注
  1. import.meta は以前に別のところで使おうとしたら、対応していないツールなどがあって利用をあきらめた記憶があります。 ↩︎

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます