🖍️

Git ブランチの表現も Mermaid がよい感じに表示してくれました

2022/10/17に公開約12,200字

ZennGitHub の Markdown から利用できる Mermaid には「Git ブランチを表現する」機能があります。

その機能を利用してみたところよい感じだったので、記述方法やカスタマイズについてなどを記事にしてみます。

Git ブランチを表現するとは?

ドキュメントでブランチの説明などを読んでいると下記のような図(グラフ)を見かけるかと思います。

図 1-1 AA によるブランチのグラフ

A---B---C---D  develop
         \
           E---F---G  topicA
                    \
                      H---I---J topicB

Mermaid の Gitgraph Diagrams を利用することにより、このような感じで表示できるようになります。

図 1-2 Mermaid によるブランチのグラフ

基本的な使い方

Mermaid 用コードブロックの先頭で gitGraph を記述し、Git のコマンドのような行を追加していきます。

リスト 2-1 Mermaid での基本的な Gitgraph 記法

```mermaid
gitGraph
  commit
  commit
  commit
  branch topicA
  checkout topicA
  commit
  commit
  commit
  checkout main
  merge topicA
  commit
  branch topicB
  checkout topicB
  commit
  commit
  commit
```

図 2-1 デフォルト設定で表示されるグラフ

この時点でかなりよい感じですが、Commit ID(連番とハッシュ値)はソースが少しでも変わると変動してしまいました[1]

ドキュメント内で ID を利用する場合は明示的に指定しておくか、必要なければ非表示にしておくのがよいかと思います。

リスト 2-2 Commit ID を指定する

gitGraph
  commit id: "COMMIT-1"
  commit id: "COMMIT-2"
  commit id: "COMMIT-3"
  branch topicA
  checkout topicA
  commit id: "COMMIT-A-1"
  commit id: "COMMIT-A-2"

図 2-2 Commit ID を指定したグラフ

リスト 2-3 Commit Label を非表示にする

%%{init: { 'gitGraph': { 'showCommitLabel': false } } }%%
gitGraph
  commit
  commit
  commit
  branch topicA
  checkout topicA
  commit
  commit

図 2-3 Commit Lael を非表示にしたグラフ

カスタマイズ

実際に記事内で利用したときに「この辺は調整したい」という箇所がいくつかあったので、項目別にまとめてみました。

なお、カスタマイズは Directives を使うことが多いのですが、詳細を知らなくても記述を見ればなんとなくわかると思います。ただし「, の扱いは厳しい」わりには「間違っていてもエラーにならないこともある(記述が無視される)」ので注意してください。

リスト 3-1 OK

%%{init: { 'gitGraph': { 'showCommitLabel': false } } }%%

リスト 3-2 NG(無視される)

%%{init: { 'gitGraph': { 'showCommitLabel': false, } } }%%

テーマを変えたい

最終的には使わなかったのですが[2]、やはり需要は高いかなということで。

リスト 3-3 テーマを指定

%%{init: { 'theme': 'forest' } }%%
gitGraph
  commit
  commit
  commit
  branch topicA
  checkout topicA
  commit
  commit
  commit
  checkout main
  merge topicA
  commit
  branch topicB
  checkout topicB
  commit
  commit
  commit

組み込みのテーマとしては次のものが利用できました。

  • base
  • forest
  • dark
  • default
  • neutral

図 3-1 base

図 3-2 forest

図 3-3 dark

図 3-4 default

図 3-5 neutral

テーマを調整する場合は Directives で themeVariables を使います。

上図の Dark は Commit Label が見えないので調整してみます。

リスト 3-4 Dark の Commit label を調整

%%{init: { 'theme': 'dark' ,'themeVariables': {
  'commitLabelColor': '#ffffff',
  'commitLabelBackground': '#ff0000'
} } }%%

図 3-6 dark の Commit Label を調整したグラフ

コミットのラベルを見やすくしたい

デフォルトでは Commit ID を表示するために、フォントが小さめで斜めに回転されています。Commit ID を「A B C」のようにアルファベット 1 文字にしてしまうとちょっと見えにくいです。

図 3-7 デフォルトではアルファベット 1 文字は見えにくい

これを調整する方法です。

リスト 3-5 向きとフォントサイズを指定

%%{init: { 
 'gitGraph': { 'rotateCommitLabel': false},
 'themeVariables': { 'commitLabelFontSize': '18px' }
} }%%

図 3-8 向きとフォントサイズを指定したグラフ

デフォルトのブランチ名を変更したい

デフォルトは main になっていますが、これを変更する方法です。

リスト 3-6 デフォルトブランチ名を指定

%%{init: { 
 'gitGraph': { 'mainBranchName': 'develop' }
} }%%

図 3-9 デフォルトブランチ名を指定したグラフ

ブランチの表示順を変更したい

ブランチの rebase につてい記述しているとブランチの表示順を変更したくなります。

図 3-10 デフォルトだと作成した順番で表示される

リスト 3-7 表示順番を指定

gitGraph
  commit
  commit
  branch branch2 order:2
  checkout branch2
  commit
  commit
  commit
  commit
  checkout main
  commit
  commit
  branch branch1
  checkout branch1
  commit
  commit

図 3-11 表示順番を指定したグラフ

コンフリクト風な表示にしたい

ちょっと特定の用途向けすぎですが、「rebase でコンフリクトした」的な表示が欲しかったので。

これ用の具体的な設定はないのですが、「赤色」「バツ印」で表示されているとそれっぽいだろうということで。

リスト 3-8 ブランチの色とコミットタイプを設定

%%{init: { 
 'themeVariables': { 'git1': '#ff0000', 'gitBranchLabel1': '#ffffff' }
} }%%
gitGraph
  commit
  commit
  commit
  branch topicA
  checkout topicA
  commit type: REVERSE
  commit

図 3-12 ブランチの色とコミットタイプを設定したグラフ

どこで利用できる?

Zenn[3] の他に GitHub Nottion で表示されることを確認しました。基本的には Mermaid をサポートしているサービスなら表示されるはずですが、サービスによって若干の違いはあるようです。

たとえば、Zenn と GitHub では同じように表示されますが(これこれで確認)、Notion ではフォントサイズが適用されないなどの違いがありました。

図 4-1 Notion ではフォントサイズが適用されなかった

プレビューなどの編集環境は?

私の場合、(Gitgraph Diagrams に限らず)Mermaid 関連は下記の方法で入力しています。どちらもプレビューと文法エラーは表示してくれるのでそれなりに編集できています。ただし、自動フォーマットは設定できていないので、インデントの扱いなどはちょっと不便です。

VSCode

VSCode からマークダウンとして入力するときの用の拡張機能。

図 5-1 VSCode でのプレビュー表示とシンタックスハイライト

図 5-2 VSCode でのエラー表示

Notion

Notion はコードブロックで「分割」表示を選択するとコード入力とプレビュー表示を同時に使えます。

図 5-3 Notion でのプレビュー表示とシンタックスハイライト

図 5-4 Notion でのエラー表示

おわりに

Mermaid の Gitgraph Diagrams を使って Git のブランチを表示してみました。

AA による表現も好きなのですが、やはり入力が少し手間です。

Gitgraph Diagrams を使うことでお手軽にわかりやすく、ドキュメント内に Git のブランチを表現できるかと思います。

脚注
  1. ためしにブランク文字を 1 つ追加しても変わりました。 ↩︎

  2. 「サービスによっては表示する環境(ブラウザーのモードなど)でデフォルトのテーマが変化する」ので色関連はあまり変更しないようにしました。 ↩︎

  3. こちらの記事で知ったのですが Zenn では表示できない期間があったようです。この記事を書いている時点では対応されています。mermaid.js の gitGraph が表示されない · Issue #446 · zenn-dev/zenn-community · GitHub ↩︎

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます