📝

モバイルアプリ開発フレームワーク 5選

2 min read

世界中の人々にリーチするための近道を切り開くことこそが、スマートなビジネス戦略の基本です。そのひとつとして、ビジネスサイトをモバイルアプリへと切り替えることがあります。陰謀的なアプリケーションの舞台裏には、何千ものモバイルアプリ開発フレームワークがあります。ただし、モバイルアプリをうまく作るには、適切なモバイルアプリ開発フレームワーク、関連技術、プラットフォーム、データベースが不可欠です。とはいうものの、あまりにも多くの選択肢があり、どれかひとつに絞るのはこれまで以上に難しい状況です。そこでこの記事では、iOSとAndroid両方のプラットフォームで最も人気の高いモバイルアプリ開発フレームワークについて説明します。その前に、効率的な モバイルアプリ開発フレームワーク とはどのようなものかを簡単に見ていきましょう。
モバイルアプリ開発フレームワークとは、開発者がモバイルアプリを構築するのを支援する目的で作られたライブラリのことです。何より、モバイルアプリ開発を支援する基本的構造が用意されていて、プロセスを向上しつつコストの削減ができます。
2020~2021年のモバイルアプリ開発に最適なフレームワークを詳しく知るにあたって、この記事は初心者や、今も最適なものを求めるフレームワーク所有者などの読者にうってつけです。ここでは、**おすすめのモバイルアプリ開発フレームワークを5つ**紹介していきます。
1. React Native
React Nativeは、AndroidアプリとiOSアプリの両方向けに構築された非常に人気のあるフレームワークです。特に、モバイルアプリの開発者は、より短いビルドサイクルでより高速なデプロイ時間で高性能アプリをビルドでき、予算にやさしいオプションです。さらに、React Nativeは、ビュー、テキスト、画像など、プラットフォームに依存しないネイティブコンポーネントのコアセットを提供し、すべてプラットフォームのネイティブUIビルディングブロックにマップされます。また、フルスタックに必須のJavaScriptもサポートしています。
2. Flutter
FlutterはGoogle が作ったオープンソースのネイティブアプリケーション開発フレームワークです。Dart という共通言語で開発を行います。詳しいデバッグができるので React Native で感じる「隔靴掻痒」感は少ないです。
Flutterを使うことで同一のコードベースからAndroidやiOSアプリを構築でき、その見た目もネイティブアプリです。FlutterはGoogleによる導入が2015年でしたが、2018年12月の公式リリースまではベータ段階にとどまっていました。
Flutterのユーザーは、携帯電話、テレビ、タブレット、ウェアラブルデバイス、スマートディスプレイ用のアプリを作成できます。
ちなみに Flutter Studio は Flutter の UI 作成のために使えるサイトです。ビルドのためのものではありません。Flutter を採用するなら使うことになるのではないかと思われます。Flutter ではそれぞれの Native パートをプロジェクト含めることができる。
3. Ionic
Ionicは、クロスプラットフォームアプリケーションとともにインタラクティブハイブリッドおよびPWAを構築するのに役立ちます。このオープンソースフレームワークは、アプリケーションを作成するためのプレミアムサービスを提供します。さらに、Ionicは、Web、Android、およびiOS用のアプリケーションの構築をカバーしています。さらに、Ionicで作業している間は、常にアプリケーションを作成して、展開可能な場所に出荷できます。すぐに使用できる機能を備えているため、アプリケーション開発に最適です。
4. PhoneGap
PhoneGapは、ハイブリッドアプリとモバイルデバイス向けのネイティブアプリ間のギャップを埋めることを意図したものです。開発者は、HTML5、CSS3、JavaScriptなどのウェブベースの言語を使用して、すべてのデバイスを対象としたハイブリッドアプリを構築できます。
5. Xamarin
Microsoftが発表したXamarinは、C#プログラミング言語をサポートする最適なハイブリッドアプリフレームワークのひとつです。オープンソースのプラットフォームであるXamarinは、.NETとC#を使用したハイブリッドモバイルアプリの構築に使用されます。さらに、マイクロソフトの製品であるこの堅牢なマルチプラットフォーム開発フレームワークには6万人以上の開発者と貢献者がいて、優れたカスタマーサポートや豊富なドキュメントが用意されています。コストを最小限とした理想的なフレームワークとなれば、Xamarinは1度のコード記述で、iOS、Android、Windows用のアプリやプラットフォームを3つ作成できるので、コスト削減にもつながります。
まとめ
以上挙げた5つのフレームワーク以外、他にも様々なモバイルアプリ開発フレームワークがあります。どのフレームワークを選択するかは、要件、予算、技術的要件、そして短期的または長期的な成功の可能性に応じて、最も適したものを選ぶと良いでしょう。

Discussion

ログインするとコメントできます