Netatomo屋外モジュールの電池交換を簡単にするハック

1 min read読了の目安(約400字

数年に一度やってくる屋外モジュールの電池切れですが、毎回のように電池交換がうまくいかなくて苦労していたので、対策をしてみました。

うまくいかない原因

屋外モジュールの電池交換に成功すると屋外モジュールの底面に仕込まれているLEDが少しの間点滅するのですが、これが中々ついてくれません。新品の電池を入れてもついてくれません。

原因は親機の設定でも電池のせいでもWiFiのせいでもなくて、底面についてる+極を導通するバネが広がっていて+極の凸に触れられていないからです。

対策結果

+極側のバネに、そこらへんに転がっているLEDから切り落とした足をハンダ付けしたら超安定するようになりました。(写真右側のバネになります)

おわりに

電池交換のタイミングが数年おきのため、以前の記憶を失って毎回フタを開けたり締めたりして悩む事になるので、Netatomo持ちの方は早めに対策入れておくと良いとおもいます。