🍪

2022/04以降に新規にRaspberry Pi OSをインストールする場合に、piユーザーを生成させる方法

2022/04/29に公開約1,500字

1. コンテキスト

  • 2022/04/04にリリースされた最新のRaspberry Pi OSではセキュリティ上の理由により、従来までデフォルトで生成されていた pi ユーザーが作成されません
  • この変更はRaspberry Piをモニター無しでセットアップしようとするときに問題になりますが、Raspberry Pi OS Imager を利用すると強制的にデフォルトユーザーを生成させることができます。

2. Raspberry Pi OS Imagerを利用して、デフォルトユーザーを作成した状態でOSを書き込む

モニターがない環境でRaspberry Pi を設定する場合は下記手順に従ってください。

No 手順 スクリーンショット
1 Raspberry Pi OS Imagerを起動します
2 OSにはRaspberry Pi OSを選択し、右下の歯車マークを押下します
3 WiFiの設定などにSystemKeychainの内容を流用しますか?と聞かれるのでNoを選択してください
4 出てくるメニューをスクロールし、Set username and password で自分好みのデフォルトユーザー情報を設定し、OKを押してください
5 このままあとは通常通りOSをSDカードに書き込んでください

3. Tips

3.1 この設定を永続化できます

歯車マークを押したときに一番上に表示される Image customization optionsto always use に設定することで次回OSを書き込む際もこの設定を再利用することができます。

3.2 SSHを自動有効化できます。

歯車マークを押したときに表示される Enable SSH チェックボックスをOnにすることで、ssh ファイルを作成しなくても、自動でSSHサーバーを起動させることができます。便利!

Discussion

ログインするとコメントできます