📝

Shopifyのテーマをカスタマイズする【環境構築をする手順】

2022/03/15に公開約1,600字

これからShopifyでテーマを開発していきたい人向け。

Shopifyテーマをカスタマイズする環境構築の手順

  • 手順
  1. ディレクトリを作成
  2. GitHubでリポジトリを作成
  3. 新しいリポジトリにPush
  4. ShopifyとGitHubを連携

新しくディレクトリを作るコマンド

$ mkdir 作りたいディレクトリ名

作ったディレクトリに移動するコマンド

$ cd 作ったディレクトリ

で移動します。

$ shopify theme init

名前を聞かれるので任意の名前を入力します。

ちなみに今回はcustom-theme2という名前で作成、これでカスタムディレクトリが作成されてテーマがインストールされました。

GitHubとSyopifyを連結【初期設定の方法】

新しくインストールしたテーマとGitHubを紐付けていきます。

$ cd 今いるディレクトリ

上記のコマンドで今いるディレクトリに移動

移動したら

$ git init

を入力して、ローカルリポジトリを作成してGitにコミットをしていきます。

$ git add .
$ git commit -m"first-commit"

上記のコマンドでリーカルでのコミット(セーブみたいなもの)が完了しました。

GitHubに新しいリポジトリを作成する

newリポジトリから新しいリポジトリを作成しましょう。
名前は任意なので何でもいいですが、ディレクトリ名とリポジトリ名を同じにしておくことで管理しやすくなります。

  • Public
  • Private

がありますが、共有するならパブリック。そうでない場合はプライベートでOKです。

新しいリポジトリができたら早速Pushしていきます。

$ git remote add origi 新しく作ったリポジトリURL
$ git push origin main

上記のmainでエラーが出る場合

$ git push origin master

Pushが出来たらリポジトリを確認して、”fist-commit"が反映されていたら完了です。

テーマを追加、GitHubから接続する

オンラインストアを選択し、テーマライブラリーからテーマを追加「GitHubから接続する」を選択。

アカウントを追加して、接続するリポジトリを選択。
masterで接続したらSyopifyでテーマを開発する環境構築の完成です。

Discussion

ログインするとコメントできます