☁️

Cloud Storage + LB + Cloud CDN で静的 Web サイトをホスティングする際のキャッシュ設定をおさらい

Wataru Inoue2022/12/21に公開

本記事は Google Cloud Japan Advent Calendar 2022通常版 の 19 日目の記事です。

Google Cloud Storage (GCS) では、静的コンテンツからなる Web サイトを、バケットに保存するだけで簡単に公開することができて便利です。

さらに、Google Cloud の HTTP(S) Load Balancing と組み合わせることで、HTTPS でのホスティングに対応させたり、Cloud CDN と組み合わせることで CDN にキャッシュすることもできるので、アクセス数の多い商用サービスなどでも充分に対応できます。

一方で、このやり方を採用して Web サイトをホスティングする際に、ややこしいのがキャッシュの設定です。特に上記のように LB や CDN と組み合わせた際には、以下のようにキャッシュに関連する設定が複数あるため、挙動が少しわかりにくいです。

  • GCS の組み込みキャッシュ設定
  • Cloud CDN の TTL 設定
  • Cloud CDN の Serve stale content (Stale-while-revalidate) 設定

本記事では、それぞれの設定の結果としてどのような挙動になるのか説明していきます。

先にまとめ

Cloud CDN のキャッシュモードを FORCE_CACHE_ALL とした場合を想定すると、最初にクライアントと CDN でキャッシュが作られたあとの各タイミングでクライアントが参照する先は以下のようになります(各キャッシュの秒数は適当な仮置きです)。

こう見ると、いろいろな設定が絡んできてなかなかややこしく見えてしまいますね。ここからは、上記の図を読み解いていくために、各設定項目がどういうものかを説明していきます。
(もしこれだけ見て、「まあそうだよね」と理解できた方は、ここで読み終えていただいても大丈夫です!)

GCS の組み込みキャッシュ設定

まず前提として、GCS 自体が独自の組み込みキャッシュ機能を備えており、簡易的な CDN のように利用できるようになっています。

一般公開オブジェクトはデフォルトで Cloud Storage ネットワークのキャッシュに保存されるため、特に設定をしなくても、Cloud Storage はコンテンツ配信ネットワーク(CDN)のように動作します。

https://cloud.google.com/storage/docs/caching?hl=ja

このキャッシュの設定は、GCS バケットの中の各オブジェクトにメタデータを設定することで Cache-Control ヘッダを通じてコントロールできます。

公式ドキュメントに記載されているように、Cache-Control メタデータには、以下のような値を指定できます。

  • public: オブジェクトを任意のキャッシュに保存できます。
  • private: オブジェクトは、リクエスト元のローカル キャッシュに保存されます。
  • no-cache: キャッシュに保存されますが、Cloud Storage に対してキャッシュの有効性の確認がとれた場合のみ、使われます。
  • no-store: オブジェクトはキャッシュに保存されません。
  • max-age=秒数: キャッシュに保存されたオブジェクトが古くなったとみなされるまでの時間。max-age には任意の秒数を設定できます。特別な状況を除いて、古くなったオブジェクトは、キャッシュから提供されません。

重要な点としては、公開バケットで 明示的に指定しなかった場合には Cache-Control: public, max-age=3600 がデフォルト値として勝手に設定される ようになっているため、GCS のオブジェクトが上書き更新された場合でも、1 時間(=3,600 秒)の間は、組み込みキャッシュから古いオブジェクトが返ることになります。

オブジェクトを更新した際にエンドユーザのクライアントに短時間で反映させたい場合には、max-age を短く設定したり、no-store に設定して GCS の組み込みキャッシュを無効化しましょう。

Cloud CDN のキャッシュ設定

GCS 単独で静的 Web サイトをホスティングできるとはいえ、実際には、HTTP ではなく HTTPS で公開するために、HTTP(S) Load Balancing と組み合わせることが多いと思います。その場合、HTTP(S) Load Balancing の設定で Cloud CDN との連携機能を有効にするだけで、CDN 経由で低レイテンシでのコンテンツ配信も行うことができます。

「おおそれは便利だ!」ということで、GCS + HTTP(S) LB + Cloud CDN という構成にする場合、以下のような Cloud CDN の設定項目がキャッシュの挙動に関わってくることになります。

  • キャッシュモード(CACHE_ALL_STATIC / USE_ORIGIN_HEADERS / FORCE_CACHE_ALL のいずれか)
  • 各種 TTL 設定(Default TTL / Max TTL / Client TTL のそれぞれ)
  • Serve stale content (Stale-while-revalidate) の設定

…なんだかいろいろありますね。それぞれどんなものか説明していきます。

キャッシュモードとは

Cloud CDN を有効にする際には、以下いずれかのキャッシュモードを指定します。

キャッシュモード 説明
CACHE_ALL_STATIC デフォルトの設定。静的コンテンツとして定義されている Content-Type のファイル(画像や JavaScript、CSS ファイルなど)はキャッシュされますが、それ以外のファイル(HTML や JSON など)はキャッシュされません。キャッシュ対象の Content-Type でも、Cache-Controlprivateno-store に設定されている場合や、Set-Cookie ヘッダがついている場合にはキャッシュの対象外となります。
USE_ORIGIN_HEADERS オリジン側で Cache-Control ヘッダを明示的に指定した場合のみキャッシュされます。
FORCE_CACHE_ALL Content-TypeCache-Control ヘッダの設定に関わらず、強制的にすべてのコンテンツをキャッシュします。ユーザごとに出し分ける動的コンテンツなどもすべてキャッシュされてしまうので、GCS バックエンドなど、パブリックに公開して問題ないコンテンツを提供する場合に限って利用します。

今回の GCS バックエンドの場合で考えると、例えば GCS バケットのすべてのオブジェクトをキャッシュ対象にしたい場合には、FORCE_CACHE_ALL に設定すると、確実にすべてのオブジェクトがキャッシュ対象となります。

Default TTL / Max TTL / Client TTL とは

Cloud CDN では、3種類の TTL 値を使って、CDN におけるキャッシュの生存期間を設定します。どの値が有効に効いてくるかは、以下のようないくつかの条件で決まってきます。

  • キャッシュモードで何が指定されているか?
  • Origin が返す Cache-Control の設定値(max-age, s-maxage, Expires

詳細な条件分岐は公式ドキュメントに記載されているのでご確認ください。

例:FORCE_CACHE_ALL の場合の挙動

ここでは、すべての条件を列挙しても仕方ないので、GCS バックエンドを使う場合によくある設定、つまり、キャッシュモードに FORCE_CACHE_ALL を指定して、すべてのコンテンツをキャッシュ対象にしているケースで考えてみます。

この場合、まず挙動に関係してくるのは Default TTL の値です。FORCE_CACHE_ALL の場合、GCS (Origin) 側のヘッダ設定に関わらず、Default TTL でキャッシュ期間の設定が上書きされます。

キャッシュ モードが FORCE_CACHE_ALL の場合、デフォルトの TTL は、すべてのレスポンスに設定されている TTL(送信元のヘッダーで TTL が設定されているレスポンスを含む)を上書きします。

https://cloud.google.com/cdn/docs/using-ttl-overrides?hl=ja#default-ttl

次に、クライアント側のローカルキャッシュの TTL を設定するのが Client TTL です。

Default TTL でレスポンスの TTL を上書きする場合、CDN 側・クライアント側いずれにも影響しますが、Default TTL より短い Client TTL を明示的に設定した場合には、Client TTL によってクライアント側でのキャッシュ期間を CDN 側のキャッシュ期間と別に設定できます。
(一方で、FORCE_CACHE_ALL において、Client TTL >= Default TTL と設定した場合は Client TTL の値は意味がなく、クライアントがローカルで持つキャッシュの有効期限と、CDN 側で持つキャッシュの有効期限がどちらも Default TTL の秒数に強制的に上書き設定されます。)

Client TTL を(相対的に)短くした場合と長くした場合のメリット・デメリットは以下のとおりです。

  • Client TTL を短くする:ローカルのキャッシュ期限はすぐに切れるため、CDN 側のキャッシュの更新を頻繁にチェックする挙動となります。その分、CDN へのリクエスト数が増えます
  • Client TTL を長くする:ローカルキャッシュの有効期限が長いため、CDN 側のキャッシュをチェックする間隔が長くなります。その分、CDN へのリクエスト数は減らすことができます

長くした場合の具体的なデメリットとしては、例えば CDN 側のキャッシュ期限が切れる直前にクライアントからアクセスがあった場合、CDN 側のキャッシュがその後更新されても、クライアント側キャッシュが期限切れになるまでは、古いコンテンツがローカルキャッシュから返ってしまうケースが増えます。

Max TTL については FORCE_CACHE_ALL では設定できませんので、今回は割愛します。

FORCE_CACHE_ALL では、TTL は常にデフォルトの TTL に設定されます。最大 TTL の設定はできません。

https://cloud.google.com/cdn/docs/using-ttl-overrides?hl=ja#max-ttl

Serve stale content (Stale-while-revalidate) の設定

TTL の設定でもお腹いっぱいになりそうですが、Cloud CDN のキャッシュに関してもう一つ重要な設定として、古いコンテンツを配信する(Serve stale content = いわゆる Stale-while-revalidate)機能 の設定があります。

この機能を有効にすると、Origin にアクセスできない場合、指定した秒数だけは猶予期間として期限切れのキャッシュでも CDN から返し続けてくれます。また、Origin にアクセスできる場合でも、猶予期間内に期限切れのキャッシュへ来た初めのリクエストには CDN から返しつつ、非同期で Origin 側に最新のコンテンツを確認(Revalidate)しに行きます。

この機能がうれしいのは、以下のようなメリットがあるからです。

  1. ユーザにエラーを表示する頻度を下げられる:CDN 側キャッシュの期限が切れて Origin に再検証(Revalidate)しに行くタイミングでたまたま Origin がエラーを返しても、CDN からは期限切れキャッシュを返してお茶を濁すことができる
  2. Origin 再検証時のレイテンシを短縮できる:たまたま CDN に有効期限内のキャッシュがない状態でリクエストが来た際に、CDN が Origin へ同期的にコンテンツを取得によってクライアントへの応答までのレイテンシが大きくなるのを防ぐことができる

特に 1. については、クラウドサービスの常として、GCS も低確率でエラー応答が返ることは想定する必要があるため、クライアントにエラーではなく(多少古いとしても)正常にコンテンツを返せるのは便利だと思います。

一方で、いくつか注意点もあります。

  • 前述のとおり、Cloud CDN 側では、各期限切れキャッシュへのリクエストがあってはじめて、Origin 側に非同期で最新のコンテンツを確認(Revalidate)しに行って、必要な場合は新しいキャッシュを生成します。逆に言うと、例えば Serve stale content の期間が始まってからずっとコンテンツへのリクエストがなく、期間の終わり際にはじめてリクエストが来た場合、そのタイミングでも一旦古いキャッシュが返ります(ごくたまにしかリクエストのないコンテンツとか)
  • Cloud CDN では、明示的に指定しなかった場合には Serve stale content = 86,400 秒 (1 日) がデフォルト値として勝手に設定される ようになっています

つまりデフォルト設定の場合、GCS 上でオブジェクトを更新した際に、Default TTL をごく短く指定していたとしても、最悪ケースでは CDN 側のキャッシュの期限切れから最大 1 日後までは古いコンテンツがクライアントに返ることも想定する必要があります。

というわけで、オブジェクトを更新した際に、数分・数時間という短い期間内に確実にクライアント側に反映したい場合には、この Serve stale content の秒数も明示的に指定するようにしましょう。Origin の Cache-Control ヘッダの stale-while-revalidate ディレクティブか、または Cloud CDN の cdnPolicy.serveWhileStale で明示的に指定を行うことができます。

じゃあどう設定すれば良いの?

ここまでの話を踏まえて、では GCS + HTTP(S) LB + Cloud CDN で静的 Web サイトをホスティングする際に、各設定値はどのようにすれば良いか考えてみます。

まず以下の 2 点はある程度決め打ちできます。

  • Cloud CDN でキャッシュするので、GCS ではオブジェクトの Cache Metadatano-store, max-age=0 を指定して組み込みキャッシュを無効化する
  • GCS に動的コンテンツはないので、Cloud CDN のキャッシュモードは FORCE_CACHE_ALL を指定して、すべてのコンテンツをキャッシュ対象にする

あとは、Client TTL / Default TTL / Serve stale content の各秒数をいくつにすべきか、という点ですが、こちらは個別の要件に合わせて決めていくことになります。基本的にはすべて短くした方が(0 秒に近づけた方が)オブジェクトを上書き更新した際にクライアントに反映されるタイムラグは短くなりますが、一方で以下のデメリットがあります。

  • Client TTL を短くする: Client -> CDN へのリクエスト数が増える
  • Default TTL を短くする: CDN -> Origin へのリクエスト数が増える
  • Serve stale content を短くする: クライアントへのエラー応答の確率が上がる。Origin まで見に行くレイテンシの長いリクエストが増える

メリット・デメリットを考慮して、秒数を決めるようにしましょう。

各タイミングで参照されるキャッシュの例

では改めて、ここまでご説明した内容を踏まえて、具体例を挙げて Client & CDN でのキャッシュの残り方を説明します。

繰り返しになりますが、GCS + HTTP(S) LB + Cloud CDN で静的 Web サイトをホストすることを想定しています(ただし具体的な秒数はあくまで例です)。

GCS の設定

設定項目 設定値 設定の意図
Cache Metadata no-store, max-age=0 CDN を利用するので、GCS の組み込みキャッシュは利用しない

Cloud CDN の設定

設定項目 設定値 設定の意図
Cache Mode FORCE_CACHE_ALL すべてのコンテンツを強制的に CDN でキャッシュする
Client TTL 30 sec CDN へのリクエスト数を減らすため、クライアント(ローカル)でも短時間キャッシュする
Default TTL 60 sec CDN 側では、クライアントより長期間キャッシュする
Serve stale content 20 sec Origin の一時的なエラーなどに備え、CDN 側キャッシュの期限切れ後も、ごく短時間の間は古いコンテンツの配信を許容する

上記の設定において、各タイミングでクライアントからのリクエストが参照するキャッシュをまとめると、このようになります。

各タイミングで参照されるキャッシュ

図を補足すると、まず #0. 初回のリクエスト で生成された CDN 側のキャッシュ は、最終的に Default TTL + Serve stale content の合計秒数が経過すると、確実に更新されるのがわかります。
一方で、クライアント側のキャッシュ は、この図では #0. 初回のリクエスト で生成されたキャッシュの期間のみ示していますが、#2 や #3 のクライアント側キャッシュがない状態で CDN にリクエストが行われると、随時その時点でキャッシュが生成されることになります。例えば #3 で CDN 側キャッシュが更新される直前にクライアント側キャッシュが生成された場合には、クライアント側で Client TTL が切れるまではローカルの古いキャッシュから返ってしまうのでご注意ください。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。Cloud CDN を中心に、いろいろな設定があってややこしかったと思いますが、なんとなくイメージはつかめたでしょうか?

SSG(静的サイトジェネレータ)を使って事前レンダリングした Web サイトなど、このように GCS を使ってサクッとホスティングできると便利なケースは増えてきていると思います。ぜひ本記事も参考にして、快適な GCS ライフを送っていただけると幸いです!

GitHubで編集を提案
Google Cloud Japan

Google Cloud Japan のエンジニアを中心に情報発信をしている Publication です。Google Cloud サービスの技術情報を中心に公開しています。各記事の内容は個人の意見であり、企業を代表するものではございません。

Discussion

ログインするとコメントできます