🫥

Git ブランチの操作

2023/01/20に公開約1,300字

ブランチの操作について知ろう

ブランチの概要、操作について理解する

  • ブランチとは
  • ブランチの操作

ブランチとは

  • ブランチは、別々の作業を並行して行うために利用
  • ブランチを作ることで、各ブランチ毎に、別の作業を同時に進めることができる

mainブランチとは
gitがデフォルトで作成するブランチ
このブランチを中心に開発が進められる

mainブランチはいつでもソフトウェアをデプロイ(公開)できる状態にしておく

feauture-Aやfeauture-Bなどあるテーマについて開発を行うブランチのことを
トピックブランチという
任意の名前をつけることができ、気軽に複数作ることができる

流れ
mainブランチからトピックブランチを作成

トピックブランチからmainブランチにマージする

φ(・
(実務上mainブランチを直接編集することは原則行われない)

ブランチの操作

ブランチ一覧を表示

git branch

*main
mainブランチの左側の*は現在使っているブランチを指している

ブランチを新しく作成

git branch ブランチ名

作成したブランチに切り替える

git checkout ブランチ名

補足
git checkout -b ブランチ名
一つのコマンドでブランチの新規作成とブランチの切り替えが同時に実行できる

トピックブランチでの変更はmainブランチに影響を与えない

ブランチを分けて開発を行えば、
複数の機能開発をブランチ間で影響を与えることなく
同時進行で行うことができる!!

一つ前に選択していたブランチに切り替える

git checkout -

または、ブランチ名を指定して切り替えることもできる

git checkout ブランチ名

ブランチのマージをしよう

ブランチのマージの操作について理解する

git mergeコマンド

トピックブランチAの実装が完了したら、
mainブランチにマージを行う

マージを行う

git merge --no-ff ブランチ名

ブランチからマージされたことの履歴を残すため、--no-ffをつける
こうするとマージにコミットされて分岐の履歴が残る

マージを実行すると、マージコミットのメッセージ記入のためのエディタが立ち上がる
デフォルトでAからのマージであると書かれているので、
メッセージは変更しなくてもOK

:wqで表示されている内容を保存して終了

コミットグラフを表示させてブランチの変更履歴を視覚的に確認する

git log --graph

今日はここまで!
Git/GitHub入門半分終了〜〜
流れは大体掴めてきた
これも数こなして覚えていくしかだな〜
週末も頑張るぞ 💪🏻パワー

Discussion

ログインするとコメントできます