Open1

Microsoftのグループアドレス種類参考記事まとめ

■Overview of all types of groups in Office 365 - InspiriBytes(2020/10更新)

→これが一番いいかも。全部の種類についてnest可能か書いてる



■(Office365)各グループを表にまとめて比較してみた : ITインフラに悩まされてる日常 (mitsushima.work)

そして実際に運用していく中では「グループの入れ子」が可能です。
「グループの入れ子」が可能なので、基本的には「ユーザー」を「メールが有効なセキュリティ」グループのメンバーにして、他のグループや共有メールボックス等のメンバーには「メールが有効なセキュリティ」を指定することで管理が楽になる部分が少しあると感じます。
何故かと言うと、基本的に課毎でグループを作るような運用をしていた場合、まず「メールが有効なセキュリティ」で作成するだけで、課毎のメーリングリストは不要となります。
更に「配布リスト」や「共有メールボックス」のメンバーとしても基本ベースとして、課毎の単位で追加することが多いのではないかなぁ〜〜と考えるからです。(もしかしたらそんなことはないですか!?!?)
いずれにしてもせっかくセキュリティグループを作成するのであれば汎用性が効く「メールが有効なセキュリティ」が良いと個人的に感じました!!

■別のグループに対してメンバーの追加または削除を行う - Azure AD | Microsoft Docs

グループを別のグループに追加する

既存のセキュリティ グループを別の既存のセキュリティ グループに追加して (入れ子になったグループとも呼ばれます)、メンバー グループ (サブグループ) と親グループを作成します。 メンバー グループには親グループの属性とプロパティが継承され、構成時間を節約できます。

■Nesting Groups in Office 365 (dominogavin.blogspot.com)

To start with, we're going to create a group in Office365 Admin. It should be a mail enabled security group.

[■Nested O365 Groups are in the works - Microsoft Tech] Community(https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-365-groups/nested-o365-groups-are-in-the-works/m-p/18801)

→2016年にOffice365グループがnest対応する的な発表あったけど全然対応してなくてキレるuser

ログインするとコメントできます