🌐

The Internet Computer 10の大きなアイデア

1 min read

最近 DFINITYの INTERNET COMPUTERに興味があり、いろいろしらべてます。
その中でICの特徴について
"10 big ideas in the Internet Computer blockchain..."
というツイートがあり、わかりやすかったので整理してみました。


The Internet Computer 10の大きなアイデア

1. リバースガス・モデル

利用者はガス代となるトークンを持つ必要がなく、払う必要もない。
ガス代はcyclesとしてプリチャージされたものが利用される。

2. Webスピードでのスマートコントラクト

ICのスマートコントラクトは高速で、2つの方法で呼び出される。

  • Update Call
    • 変更はチェーンに反映される
    • 2秒程度かかる
  • Query Call
    • 変更は捨てられる
    • ミリ秒で実行される

3. スマートコントラクトがWEBコンテンツを直接提供

WEBコンテンツはブロックチェーンから直接WEBブラウザに提供される。
進化した暗号化技術がend-to-endのセキュリティを提供する。

4. インターネット・アイデンティティ

利用者は自身のデバイスで顔認証、指紋などを使って認証する。
UsernameやPasswordなどは必要ない。高セキュリティで簡単。

5. インターネット・スケールで低コスト

ICはシームレスにスケールする。そのため、大規模なサービスで利用できる。
また、コストは圧倒的に低い。

6. ブロックチェーンは”チェーンキー”を得る

ICは48バイトのチェーンキー(公開鍵)を持つ。これがチェーンを検証し、利用するために必要な全て。もはや何百ギガバイトの大きなブロックをダウンロードする必要はない。

7. スマートコントラクトはデータをプライベートに保つ

ICは計算の実行とデータをサブネット上のすべてのノードに複製する。
古いブロックをダウンロードしてもデータにアクセスすることは出来ない。

8. スマートコントラクトは"キャニスター"

IC上のスマートコントラクトはキャニスターと呼ばれるWebAssemblyコードである。
そしてメモリで実行される。
コードは"actor"であり、どんな数でも同時に実行できる。

9. 進化した流動デモクラシー

ICは”Network Nervous System(NNS)"と呼ばれる分散トークンガバナンスシステムを持つ。
NNSがネットワークを管理し、ノードマシンや物理層をアップグレードする。
またNNSはコミュニティーの意思を発揮し、アルゴリズムによって調停する。

10. コンピュテーションによる安定した価値

Cyclesは通貨と同時に、燃料としての役割をもつ。
Cyclesの価値はコンスタントに計算されるが、安定しており銀行口座も不要である。


日本語が変なところもあるけど、なんとか意味は伝わるかな。

Discussion

ログインするとコメントできます