💡

VPCのDNS属性について

2023/01/14に公開約1,700字

VPCにはDNS support(DNS 解決)とDNS Hostnames(DNS ホスト名)をという機能があります。

VPC DNS support

VPCがAmazon提供のDNSサーバーを介したDNS解決策をサポートするか決定する設定値

デフォルトでは有効化されてる。

VPC DNS Hostnames

VPCがパブリックIPを持つインスタンスにパブリックDNSを付与するか決める設定値

デフォルトでは無効化されてる

検証

全てのDNSの設定を無効化で作成する。

インスタンスを構築する
VPCのDNSの設定値を無効化してるため、パブリック IPv4 DNSが付与されない。

DNS supportのみ無効化した場合

インスタンスを構築する
VPCのDNS supportの設定値を無効化してるため、パブリック IPv4 DNSが付与されない。

全てのDNSの設定値を有効化する

インスタンスを構築する
パブリック IPv4 DNSが付与されてることを確認する

パブリックDNSでアクセスできることも確認

$ ssh -i 秘密鍵 ec2-user@ec2-13-115-213-142.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com
The authenticity of host 'ec2-13-115-213-142.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com (13.115.213.142)' can't be established.
ED25519 key fingerprint is --------------------------.
This key is not known by any other names
Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])? yes
Warning: Permanently added 'ec2-13-115-213-142.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com' (ED25519) to the list of known hosts.

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux 2 AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-2/
[ec2-user@ip-10-0-1-235 ~]$ 

VPCのDNS属性の設定値はいつでも変更可能だが、DNSの設定値を無効にした場合インスタンスのパブリックDNSの設定も削除される。

DNS Hostnamesを有効化する場合は、DNS supportsも有効化する必要がある。
ただ、デフォルトで有効化されてるため意識することは少ないかもしれないです。

Discussion

ログインするとコメントできます