💬

[Workato] Microsoft Teamsでダイレクトメッセージを送ってみる

1 min read

要約(3行で)

WorkatoではTeamsのDMを送信することができる

  • 手順1. 「Get user by User Principal Name」アクションより、ユーザのメールアドレスからuser IDを取得
  • 手順2. 「Post message」アクションのMessage recipientフィールドにuser IDを指定する

Microsoft Teamsでダイレクトメッセージを送ってみた

先日Workbotからユーザへのダイレクトメッセージ(Teamsのbotの用語だとProactive messaging)がWorkatoでサポートされたとのことだったので試しにレシピを作ってみました。

どうやら、MicrosoftのPower Automateを除くと、TeamsでのDMをサポートをしているiPaaS製品は今のところWorkatoだけのようです。

Proactive messagingについて記載されている、Workatoのドキュメントページを参考にして記事を作成しました。

サンプルレシピの作成

サンプルとして、Zendeskで新規チケットが作成された時に、チケット担当者にTeamsでDMを送るレシピを作成します。

手順1

Teamsの「Get user by User Principal Name」アクションでは、ユーザのメールアドレスを入力するとそのユーザ情報が取得できます。

Principal nameには、通知したいユーザのメールアドレスを入力します。
今回はZendeskのチケットの担当者のメールアドレスのデータピルを入れます。

手順2

Teamsにメッセージをポストするアクションを追加します。
ここでは、「Message Recipient」(メッセージ受信者)の入力タイプを「Enter custom value」に切り替えます。

そのフィールドに「Get user by User Principal Name」アクションで得られる[ID]というデータピルを入力すれば、そのユーザにダイレクトメッセージが送信されます。

動作確認

問題なくダイレクトメッセージを送ることができました!

注意点

Custom OAuth profileを使ってカスタムWorkbotを使用している場合、Custom OAuth profileのApplication IDを追加しないといけないようです。

Discussion

ログインするとコメントできます