⚙️

ChromeBook で VisualStudioCode を使う

2022/05/05に公開約3,000字

Microsoft Azure上でプログラミングをしていくために、ChromeBookにAzureの開発環境をつくっていきます。

ちょっとしたAzure上のプログラミングであれば、ChromeBookとVisualStudioCode(以下VSCode)があればできますので、ここではChromeBookにVSCodeをインストールしていきます。

ChromeBook で VSCode を使う2つの方法

ChromeBookでVSCodeを使うには2つの方法があります。

  1. ブラウザ版VSCodeを使う
  2. ChromeBookにインストールして使う

VSCodeは2021年にブラウザ版が公開され、「https://vscode.dev/」にアクセスして利用することができるようになっています。

ブラウザ版はお手軽な反面、対応していない機能拡張が多く、AzureでPythonを使いたいと思ったときにPython拡張が使えない(2022/5/5時点)など、まだまだ発展途上なところがあります。そのため、ここではChromeBookにインストールする方法を選択します。

ChromeBook に VSCode をインストールする

ChromeBook で Linux を有効にする

ChromeBook に VSCode をインストールする前に、ネイティブLinuxアプリのサポートを有効にする必要があります。

  1. 設定を開く(Chromebook右下 時計 → 歯車アイコン)
  2. サイドバーにある「Linux(ベータ版)」を探す
  3. Linuxサポートをオンにする
  4. 画面の指示に従ってLinux環境を設定する(デフォルト設定でOK)

VSCode をインストールする

Linux環境の設定が終わると、新しいターミナルウインドウが表示されます。閉じてしまった場合には、アプリのメニューから Linuxアプリ → ターミナル を開きます。

VSCode をインストールする前に次のコマンドを実行し、Linuxパッケージリストの更新と、オプションの依存関係である gnome-keyring をインストールします。

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y gnome-keyring

次にダウンロードする VSCode のパッケージを調べます。

dpkg --print-architecture

VSCodeのダウンロードページ(https://code.visualstudio.com/download)に移動し、自分の ChromeBook にあったダウンロードパッケージを選択します。

  • dpkgコマンドの結果がamd64と表示された場合には、.debパッケージの「64bit」を選択
  • dpkgコマンドの結果がarm64と表示された場合には、.debパッケージの「ARM64」を選択

ダウンロードしたパッケージをダブルクリックすると、インストールが開始します。

インストールが完了すると、アプリのメニュー Linuxアプリ に 「Visual Studio Code」が追加され、使用できるようになります。

表示を日本語化する

VSCodeをインストールした直後は、メニュー表示が英語表示となっていて多少不便ですので、
日本語の言語パックをインストールし、日本語化します。

  • 拡張機能「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」をインストールする

日本語入力を可能にする

言語バックのインストールでメニューは日本語表示になりますが、ChromeBookにインストールした直後のVSCodeは日本語入力がおこなえません。
日本語入力メソッドの「fcitx-mozc」をインストールして、日本語入力を可能にします。

1. fcitx-mozc をインストールする

アプリのメニューから Linuxアプリ → ターミナル を開き、次のコマンドを入力します。

sudo apt-get install fcitx-mozc -y

2. fcitx-configtoolで日本語入力を選択する

同じくターミナルから次のコマンドを入力し、fcitxの設定ツールを起動します。

fcitx-configtool

3. 「Keyboard - English(US)」を削除する

設定ツールが起動したら、初期状態で選択されている「Keyboard - English(US)」を削除します。「Keyboard - English(US)」を選択し「-」ボタンをクリックして削除します。

4. 「Mozc Japanese」を追加する

「+」ボタンをクリックして「Mozc Japanese」を追加します。

「Only Show Current Language」のチェックを外し、検索キーワードに「mozc」と入力すると「Mozc Japanese」が表示されるので選択します。

5. 再起動しても日本語入力を可能にする

このままでは ChromeBook を再起動すると日本語入力ができなくなってしまうので、.profileファイルを編集し、起動時にfcitxを実行するようにします。

ターミナルで、次のコマンドを入力します。

echo "fcitx > /dev/null 2>&1" >> ~/.profile

catコマンドで.profileの中身を確認し、最後尾にfcitx > /dev/null 2>&1が追加されていることを確認します。

cat .profile

まとめ

本記事では ChromeBook に VSCode をインストールする方法を紹介しました。VSCodeをインストールすることで、ChromeBookを使って非常に手軽に Azure のプログラミングがおこなえるようになります。

参考

Discussion

ログインするとコメントできます