Redmineにて、メールのgmail(2段階認証設定)に送付するときに行った対処法

2 min読了の目安(約1900字TECH技術記事

Redmineにて、メールのgmail(2段階認証設定)に送付するときに行った対処法

概要

一通り、ローカル環境にてRedmineを構築したので、「よし、チケットが新規作成されたり更新されたりしたら、自分のgmailに通知が来るようにしよう」と思ったのがきっかけです。
その際、別途メールの設定をする必要があったので、ここに備忘録として残しておきます。

config/configuration.yml の設定

メールの設定はこのファイルで行われているようです。
ローカルに環境構築した直後は、config/configuration.yml example とついているはずですので、この example を抜いてあげます。
自分の場合は、とりあえずproduction環境のみに設定しました。
(プライバシー保護のため、一部変更している箇所がございます)

production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      enable_starttls_auto: true
      address: "smtp.gmail.com"
      port: 587
      domain: "smtp.gmail.com"
      authentication: :plain
      user_name: "my-email@gmail.com"
      password: "****"

Redmineの日本語公式サイトにおけるメールの設定を丸々コピーすれば、基本的には問題ないかと思います。

ただ、自分の場合は、Redmineを通知したいgmailアカウントに、2段階認証を付与しているため、次のようなエラーが出ました。

534-5.7.9 Application-specific password required. Learn more at

そこで、2段階認証においても設定できるように、別途googleアカウント側でパスワードの生成を行いました。

GoogleアカウントのApp passwordsにて設定

App passwordsを開いて、各種設定を行う。

image01

  1. select app にて Other (Custom name) を選択
  2. 任意の名前を付与する(特に希望がなければredmineとつける)

すると、16桁のパスワードが生成されるので、これを先ほどの config/configration.ymlpassword に設定する。

テストメールを送信

アプリを再起動させて、管理/設定/メール通知 を選択する。そして、一番下にある「テストメールを送信」をクリックする。
ここまでうまく行けば、正しくメールが送付されるはずです。

まとめ

少しずつRedmineの中身がわかってきて、開発が楽しくなってきました。
次はheader部分を少しいじってみて、top-menuをサイドバーに固定させたいです。