🦔

VSCode のショートカットをいじるときに覚えておくと便利な単語

1 min read

はじめに

VSCode では、ショートカットを自分の好きなようにカスタマイズできます。
このとき、「ペイン」や「エディタ」などの用語を頭に入れておくとカスタマイズしやすいです。

用語

https://code.visualstudio.com/docs/getstarted/userinterface

こちらに UI の用語について掲載されています。

A は、Activity Bar です。
もっとも左側にあるバーであり、アイコンが並んでいます。

B は、Side Bar です。
フォルダ一覧や、拡張機能の一覧を表示します。

C は、Editor Group です。
上記の画像の例では、左側にエディタグループ 1(C, Untitled 2, 3)、右側にエディタグループ 2(Untitled 1)があります。
1 つのエディタグループには、複数のエディタ (Editor)が含まれます。
よって、editor(エディタ)
ある 1 つの入力欄のみ
(ex: Untitled-3)を指しています。
また、editors=editor group がエディタの集合(ex: C(Untitled-2,3))を指しています。
そして、VS Code は、複数のエディタグループを開けます(ex: C と C の右側がそれぞれエディタグループ)。

D は、Panel です。
統合ターミナルや出力、デバッグコンソールなどがパネルに含まれています。
エディタと間違いやすいため、注意が必要です。
また、統合ターミナル、出力などのそれぞれの表示欄を Pane と呼んでいるようです。

E は、Status Bar です。
実行している Python のバージョンや、拡張機能、Vim Mode などが下一覧に表示されます。
ョートカットでどうこうすることはなさそうです。

最後に

Command+K, Command+S でショートカット一覧を表示できます。
このページで、Activity Bar Side Bar Editor Editor Group Panel Pane を入力すると、よしなにショートカットをカスタマイズできるはずです。

自分だけの使いやすい VS Code を育てていきましょう!