📌

Mac+fishでpyenvのpathを通す

1 min read

はじめに

この前、ひさしぶりに macbook pro をクリーンインストールしました。
しかし、 pyenv の環境がうまく動作せず mac の system 自体に入っている python2 が動作する状態に陥りました。

それの解消法について備忘録としてまとめます。

環境

  • mac big sur
  • fish

brew で pyenv をインストールしています。

対処法

.config/fish/config.fish に環境変数が通っていないことが原因でした。
fish シェルは、シェルが立ち上がると config.fish が読み込まれます。
そのため、 config.fish に set コマンドを書いて変数を登録すればよいです。

以下を config.fish に追加します。

set -x PYENV_ROOT $HOME/.pyenv
set -x PATH  $PYENV_ROOT/bin $PATH
pyenv init - | source

set -x コマンドで ~/.pyenv を PATH に追加します。
-x オプションは、環境変数として登録するものです。(これがついていないと、 fish シェルから fork されたプロセスに変数が引き継がれないはずです。)

pyenv init - は、 .pyenv/.shimsを PATH に追加して、 global や local の pyenv でインストールされたパッケージを登録しているようです。
そのため、これがないと動作しません。
そして、その内容を source コマンドで実行しています。
なぜならば、 pyenv init - は文字列を返すコマンドであるためです。

https://akamist.com/blog/archives/2610
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます