CLI を作る中でわかった deno のうれしさ

2 min read

はじめに

https://github.com/ganyariya/derain

deno のアイコンである恐竜が雨に打たれるだけの CLI derain を作りました。
上記の GitHub リンクからお手軽に試せます。

色々と参考にさせていただいたのは、以下の記事です(感謝でいっぱいです...)。

https://zenn.dev/kawarimidoll/articles/5559a185156bf4

この記事では、CLI をつくるなかでわかった deno のうれしさについて書こうと思います。

背景

Node.js は 3 年前、TypeScript は半年前ほどから触っています。
ただ、これまでは競技プログラミングやゲーム開発などをメインに行っていたため、あまり Node.js / TypeScript の経験はありません。

Deno のうれしさ

デフォルトで TypeScript が動く

もっともうれしいと感じたのは、この点かなと思います。

Node.js で TypeScript を動かすにはいろいろと入れなければいけません。
何も入れなくてもデフォルトで TypeScript が動くことにただただ感動しました...。
キャンプ場にキャンプ一式が用意されているぐらい嬉しいですね(伝わるかな)。

非同期処理が書きやすい

Node.js は 2009 年に作られたものです。
Promise ではなく callback が設計当時に採用されました。
そのため、歴史とともに少しずつ非同期処理が書きやすくなってきたものの、その負債が垣間見えてしまいます。

deno では、この非同期処理を Promise async await でキレイにかけます。
とくに、トップレベルで await が動くのも便利で嬉しいですね。

以下のコードは Node.js では動きません。
一度、 async の関数でラップする必要があります。

const neko = await nyann();

ファイルがいい感じに実行できる

以下のコマンド 2 つは、GitHub 上においてあるファイルを直接ローカルにダウンロードして実行できます。
また、依存するファイルを自動で依存関係を解決してダウンロードしてくれます。

deno install --allow-run --force --name derain https://github.com/ganyariya/derain/raw/v1.0.3/cli.ts
deno run --allow-run https://github.com/ganyariya/derain/raw/v1.0.3/example/rainded_deno.ts

Go と同じように直接 URL を指定するため、このようなシンプルな実行が可能になっているだと思います。
ローカルだけでなくリモートも気軽に実行できるのがとてもうれしいですね。

import { sleep } from "https://deno.land/x/sleep/mod.ts";
import { Command } from "https://deno.land/x/cliffy@v0.19.2/command/mod.ts";

deno とともに

ganyariya の個人的嗜好として、まだコミュニティが大きくないものを好きだったりします。
たとえば、日本では惜しくもあまりメジャーでない Nim も好きで、たまに競技プログラミングで使っています(初心者です)。

deno も 2018 に発表され、非常に新しくこれからもっと大きくなっていくのだと思います。
新参者ですが、deno を見守って自分も OSS Contribute できればと思います。

deno の恐竜がかわいい

かわいいだけでやる気が出ます。
ganyariya は思った以上に単純でした。

さいごに

まだまだ deno 初心者ですが、少しずつ deno と仲良くなって OSS 開発していきたいです。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます