🐈

Mixamoの無料3DモデルをUnityにインポートする方法

2022/08/09に公開約3,900字

Adobeが公式で無料配布している3DモデルとアニメーションをUnityにインポートする手順の紹介です。
とりあえずダウンロードしてAssetに入れてみたけど、モデルが灰色のままだったり、アニメーションできなくてハマったので備忘録です。

3Dモデルを入手する

https://www.mixamo.com/ にアクセス。
上部メニューの"Characters" を選ぶ。
検索窓から "Boss" で検索。

"The Boss" を選ぶ。

右側にあるメニューから "DOWNLOAD" を押す。

Formatは "FBX for Unity(.fbx)" 、Poseは "T-pose" にしてダウンロード。

アニメーションを入手する

上部メニューの"Animation" を選ぶ。
検索窓から "Walking" で検索。

"Walking" を選ぶ。

右側にあるメニューの "In Place" にチェックを入れ、"DOWNLOAD" を押す。
(In Placeはアニメーションと一緒にモデルを移動させない設定)

Formatは "FBX for Unity(.fbx)" 、Skinは "Without Skin" 、FramesPerSecondは "30" 、KeyframeReductionは "none"にしてダウンロード。

Unityへインポート

先ほどダウンロードしたFBXファイルは以下の2つ。

「Assets > Characters > The Boss」という階層を作成。
そこに anim, mat, tex フォルダを追加。

「Assets > Characters > The Boss」に "The Boss.fbx"を入れる。

「Assets > Characters > The Boss > anim」に "The Boss@Walking.fbx"を入れる。

Sceneへ配置・確認

「Assets > Characters > The Boss.fbx」をHierarchyまたはSceneにドラッグ&ドロップする。

Humanoidタイプへ変更

"The Boss.fbx" のInspectorを開く。
Rig タブを選択。
Animation Typeを "Humanoid" に変更。
Applyを押して反映。

Textureのマッピング

Materialsタブを開く。
"Extract Textures..." を押す。
フォルダ選択ウィンドウが立ち上がるので、「Assets > Characters > The Boss > tex」を選択。

以下の画面が出たら "Fix now" を選択。

Materialの最適化

Materialsタブを開く。
"Extract Material..." を押す。
フォルダ選択ウィンドウが立ち上がるので、「Assets > Characters > The Boss > mat」を選択。
Apply を押して反映。

ここまで設定を終えると、以下のような見た目になります。

Animationの最適化

"The Boss@Walking.fbx" のInspectorを開く。
Rigタブを選択。
Animation Typeを "Humanoid" に変更。

Avatar Definitionを "Copy From Other Avatar" に変更。

Sourceを "The BossAvatar" に変更。
Applyを押して反映。

Animationタブを選択。
やや下部にある "Loop Time" にチェック。
Apply を押して反映。

Animationのセットアップ

「Assets > Characters > The Boss > anim」にAnimation Controllerを作成。
(何もないスペースで右クリック、Create > Animation Controllerで作成)

作成したAnimation Controllerを開く。
その中へ"The Boss@Walking.fbx" をドラッグ&ドロップし、Walking状態を追加。

Hierarchyから "The Boss" を選択。
ControllerにAnimationControllerを適用。

動作確認

最後に再生ボタンを押し、アニメーションしているか確認できれば成功です!

Discussion

ログインするとコメントできます