🙌

TCP/IPとは?階層モデルで行う学習

2022/11/15に公開約700字

TCP/IPとは?階層モデルで行う学習

TCP/IPモデルとは、インターネットにおいて利用されている通信プロトコルのセットであるインターネット・プロトコル・スイートを、階層構造に分類したモデルである。

4層:アプリケーション層
3層:トランスポート層
2層:インターネット層
1層:ネットワークインターフェイス層

上記4層で構成されている。

アプリケーション

アプリケーション層では、実際のアプリケーションが通信機能を使うときのルールが定義されています。
主なプロトコルは「HTTP」「SMTP」「POP3」「IMAP4」「DHCP」「DNS」などです。

HTTPはWebブラウザで利用し、SMTP、POP3は電子メールソフトで利用します。
DHCP、DNSはアプリケーション通信を行うための準備のプロトコルとして補うことを担います。

トランスポート

トランスポート層の代表的なプロトコルとして、TCP(Transmission Control Protocol)とUDP(User Datagram Protocol)があります。
主なプロトコルは「TCP」「UDP」「NetWare/IP」などです。

インターネット

インターネット層は複数のネットワーク間のデータ転送を行う役割を持っています。
インターネットのプロトコルは、「IP」「ARP」「RARP」「ICMP」などです。IPv4かIPv6で接続されます。

ネットワーク

プロトコルは「Ethernet」です。
LANなどで用いられる通信方法です。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます