👏

GitHubに接続するhttpsとsshの方式について

2022/11/15に公開約800字

GitHubに接続するhttpsとsshの方式について

GitHub のリモートリポジトリへ接続は、今や Git が開発時に必須ですので把握しておきたい所になると思います。
今回は、https 接続と ssh 接続それぞれの特徴を記しておきます。

https について

GitHub が推奨しているのが https 接続です。
リポジトリの https のデフォルトの URL 形式を用いて、主に Web 上で通信が行われる。

解説サイト様 ①「【解説】【GitHub】HTTPS と SSH の違い」

SSH について

はじめに GitHub に ssh 接続する際は、公開鍵・秘密鍵の生成します。
そして GitHub 上に公開鍵を設定することで接続ができるようにます。

特徴
・アカウント情報だけでリポジトリに書き込めるので、どこからでも簡単にアクセスできる。
・HTTPS はすべてのファイアウォールで開かれている点が良い。

解説サイト様 ①「GitHub に SSH 接続する方法!(キーの作成から push まで解説)」

考察

「セキュリティ、速度、設定が簡単か、参考記事が多いか」など、私はどちらも設定してみたが HTTPS の方が楽であると感じました。
HTTPS であれば 作業ディレクトリ>.git>config の config ファイルにリポジトリの URL を設定するだけのため非常に簡単だと思います。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます