🐳

tigってなに? gitを操作するなら、tigを使おう!

1 min read

はじめに

皆さんはtigというツールをご存知でしょうか。
tigとはターミナル上でgit操作を行うためのCUIツールです。
vimライクにgitのログを閲覧したり、手軽にaddやcommit、checkoutを行うことができます!!
今回は私がいつも利用しているtigでできる便利なgit操作について紹介します。
皆さんにもいいなと思ったら、ぜひtigを利用してみてください。

まずはtigを導入してみる。

windowsの場合

sudo apt-get install tig

macの場合

brew install tig

tigの画面

tigには14つの画面(view)が存在しますが、今回はよく使用する5つのを紹介します。

main view

tig起動後の最初の画面になります。
tigの起動は以下のコマンドを実行します。

$ tig

この画面ではgitログの履歴を閲覧することが可能です。
カーソルの上下の移動はvimと同じでjで上に移動kで下に移動することができます。

status view

ワーキングディレクトリ、ステージングにあるファイルを確認する画面になります。
tigコマンドで起動後,sを押すことでstatus viewへ移動するこどができます。

$ tig
↓
s をクリック

ref view

gitのリモートブランチとローカルブランチの一覧を確認するための画面となります。
tigコマンドで起動後,rを押すことでref viewへ移動するこどができます。

$ tig
↓
r をクリック

diff view

gitのcommit間のファイルの差分を確認するための画面となります。
tigコマンドで起動後,dを押すことでdiff viewへ移動するこどができます。

$ tig
↓
d をクリック

log view

git logに相当する画面となります。
tigコマンドで起動後,lを押すことでdiff viewへ移動するこどができます。

$ tig
↓
l をクリック

tigの便利コマンド

tigでgit addする

$ tig
↓
s をクリック
↓
ファイルを選択(j,kで移動)
↓
u をクリック

:::details



:::

tigでgit commitする

(後日記載予定)

tigでgit checkoutする

(後日記載予定)

tigでgit logする

(後日記載予定)