権限の概念モデリング

6 min読了の目安(約5800字IDEAアイデア記事

概要

ユーザーに権限を与えるパターンをまとめてみました。
何かしらのシステムの編集、閲覧権限を例にあげています。

個人へ直接付与

ユーザー個人へ直接紐付けるパターンです。

クラス図

image

plantuml

@startuml

hide class circle
hide class methods
skinparam shadowing false

ユーザー "*"-"*" 権限

@enduml

ベン図

image

plantuml

@startuml

skinparam shadowing false
left to right direction

storage ユーザー {
  rectangle Alice
  rectangle Bob
}

storage 権限 {
  rectangle 編集権限
  rectangle 閲覧権限
}

Alice -- 編集権限 #red
Alice -- 閲覧権限 #red
Bob -- 閲覧権限 #red

@enduml

上のベン図は

  • Alice が編集・閲覧権限を持つ
  • Bob が閲覧権限のみを持つ

ことを表現しています。ただし、このように個人に直接権限を紐付けることはあまりないと思います。

役割への付与

ユーザーが紐づく役割に権限を付与することで、ユーザーの持つ役割を導出させるパターンです。

クラス図

image

plantuml

@startuml

hide class circle
hide class methods
skinparam shadowing false

ユーザー "*"-"*" 役割
役割 "*"-"*" 権限
ユーザー "*"-"*" 権限 #green: /導出1
note "[導出1] ユーザーが紐付く役割に紐付く権限全て" as N1

@enduml

ベン図

image

plantuml

@startuml

skinparam shadowing false
left to right direction

storage 役割 {
  rectangle 管理者
  rectangle 一般
}

storage 権限 {
  rectangle 閲覧権限
  rectangle 編集権限
}

storage ユーザー {
  rectangle Alice
  rectangle Bob
  rectangle Carol
}


Alice -- 管理者 #red
Bob -- 一般 #red
Carol -- 一般 #red

管理者 -- 閲覧権限 #green
管理者 -- 編集権限 #green
一般 -- 閲覧権限 #green

@enduml

上のベン図は

  • 管理者は編集・閲覧権限を持つ
  • 一般ユーザーは閲覧権限を持つ
  • Alice は管理者であるから、編集・閲覧権限を持つ
  • Bob, Carol は一般のユーザーであるから、閲覧権限のみを持つ

ことを表しています。個人へ直接付与する場合と比べ、権限を持つ理由が「役割」にあることが明確化されることで、ユーザーの変化に柔軟なモデルになっています。

役割の構造化

役割を構造化することで、権限が付与される理由を明確化していきます。

クラス図

image

plantuml

@startuml

hide class circle
hide class methods
skinparam shadowing false

ユーザー "*"-"*" 役割
権限 "*"--"*" ユーザー #green: /導出2
役割 "0..1 親"-"* 子" 役割: [階層]
権限 "*"--"*" 役割
権限 "*"--"*" 役割 #green: /導出1
note "[導出1] 紐づく上位の階層の役割に紐づく権限全て\n[導出2] ユーザーが紐付く役割に紐付く権限全て" as N1

@enduml

ベン図

image

plantuml

@startuml

skinparam shadowing false

storage 役割 {
  rectangle プロジェクトメンバー
  rectangle 一般
  rectangle 管理者
  一般 -[hidden] 管理者
}

storage 権限 {
  rectangle 閲覧権限
  rectangle 編集権限
  閲覧権限 -[hidden]- 編集権限
}

storage ユーザー {
  rectangle Bob
  rectangle Alice
  rectangle Carol
}

プロジェクトメンバー "親"--"子" 一般 #blue
プロジェクトメンバー "親"--"子" 管理者 #blue

プロジェクトメンバー - 閲覧権限 #green
管理者 - 編集権限 #green

一般 -- Bob #red
一般 -- Carol #red
管理者 -- Alice #red

@enduml

上のベン図は

  • 管理者は編集権限を持ち、プロジェクトメンバーであるから閲覧権限も持つ
  • 一般ユーザーはプロジェクトメンバーであるから閲覧権限も持つ
  • Alice は管理者であるから、編集・閲覧権限を持つ
  • Bob, Carol は一般のユーザーであるから、閲覧権限のみを持つ

ことを表しています。閲覧権限を持つ理由が「プロジェクトメンバー」であることが明確化されました。

役割の持たせ方の構造化

ユーザーが役割を持つ理由を記述することで、さらなる明確化をしてみます。

クラス図

image

plantuml

@startuml

hide class circle
hide class methods
skinparam shadowing false

ユーザー "1"-"*" アサイン
アサイン "*"-"1" 役割
アサイン "*"--"1" プロジェクト

権限 "*"--"*" ユーザー #green: /導出2
役割 "0..1 親"-"* 子" 役割: [階層]
権限 "*"--"*" 役割
権限 "*"--"*" 役割 #green: /導出1
note "[導出1] 紐づく上位の階層の役割に紐づく権限全て\n[導出2] ユーザーがアサインによって紐付けられた役割に紐付く権限全てを\nそのアサインに紐づくプロジェクト内で持つ" as N1

@enduml

ベン図

image

plantuml

@startuml

skinparam shadowing false

storage 役割 {
  rectangle プロジェクトメンバー
  rectangle 一般
  rectangle 管理者
  一般 -[hidden] 管理者
}

storage 権限 {
  rectangle 閲覧権限
  rectangle 編集権限
  閲覧権限 -[hidden]- 編集権限
}

storage ユーザー {
  rectangle Bob
  rectangle Alice
  rectangle Carol
}

storage アサイン {
  rectangle "(1)" as A
  rectangle "(2)" as B
  rectangle "(3)" as C
  rectangle "(4)" as D
}

storage プロジェクト {
  rectangle Aプロジェクト
  rectangle Bプロジェクト
}

プロジェクトメンバー "親"--"子" 一般 #blue
プロジェクトメンバー "親"--"子" 管理者 #blue

プロジェクトメンバー - 閲覧権限 #green
管理者 - 編集権限 #green

管理者 -- A #red
一般 -- B #darkgreen
管理者 -- C #darkblue
一般 -- D #purple

A -- Aプロジェクト #red
B -- Aプロジェクト #darkgreen
C -- Bプロジェクト #darkblue
D -- Bプロジェクト #purple

A -- Alice #red
B -- Bob #darkgreen
C -- Bob #darkblue
D -- Carol #purple

@enduml

上のベン図は

  • 管理者は編集権限を持ち、プロジェクトメンバーであるから閲覧権限も持つ
  • 一般ユーザーはプロジェクトメンバーであるから閲覧権限も持つ
  • (1)により、Alice は A プロジェクトに管理者としてアサインされているため、A プロジェクトの閲覧・編集権限を持つ
  • (2)により、Bob は A プロジェクトに一般のユーザーとしてアサインされているため、A プロジェクトの閲覧権限を持つ
  • (3)により、Bob は B プロジェクトに管理者としてアサインされているため、B プロジェクトの閲覧・編集権限を持つ
  • (4)により、Carol は B プロジェクトに一般のユーザーとしてアサインされているため、B プロジェクトの閲覧権限を持つ

ことを表しています。

さらにモデリングする

権限の持たせ方のモデリングをしてきましたが、ユーザーが権限を持つ場合、その理由とセットでモデリングすることで明確化ができます。
役割のモデリングについては、アナリシスパターン[1]の第 2 章「責任関係」を参考にしました。さらなるモデリングを行う場合はこちらを参考にするとよいと思います。

ただし、アナリシスパターンの p.13 に

モデリングの原則 モデルは正しいか誤っているかではなく、使いやすいか使いにくいかである。

とあるように、事実を細かいところまで完全に表現するのではなく、ユースケースやドメインに沿って使いやすいモデルを選択することが重要だと思います。

脚注
  1. Martin Fowler (2002) アナリシスパターン: 再利用可能なオブジェクトモデル, ピアソンエデュケーション ↩︎