💫

Niantic Lightship ARDK の注意点ピックアップ

2021/11/10に公開約2,000字

Niantic から Lightship ARDK が公開されましたので、
ドキュメントを読む中で注意が必要だなと感じた部分をピックアップしておきます。
(2021/11/10現在の情報です)

Lightship ARDK

https://lightship.dev/

注意点

iOS向けに開発するときは、次の考慮事項に留意してください。

ARDKは、AppleSiliconと互換性のないUnity2019.4 LTSバージョンを必要とするため、Apple Siliconプロセッサ(「M1チップ」)を搭載した特定のMacモデルではサポートされていません。Nianticチームはこの問題を認識しており、将来のバージョンでこれをサポートするよう取り組んでいます。

https://lightship.dev/docs/system_reqs.html

ARDKおよびAndroid 11を実行している電話との競合があります。ARDKアプリがUnityからターゲットAPIレベル30で構築されている場合、Android 11では、ARCoreインストールされているかどうかに関係なく、デバイスは使用できないように見えます。

https://lightship.dev/docs/system_reqs.html

ノート
現在、ARDKはiPadデバイスをサポートしていません

https://lightship.dev/docs/system_reqs.html

Windowsでの開発
ARDKのネイティブプラグインはiOS、Android、およびMacOS用に構築されており、Windowsマシンには読み込まれません。Windowsでの開発中に、DllNotFoundExceptionsネイティブ呼び出しが試行されたためにUnityコンソールに表示される場合があります。これらはビルドや開発をブロックしませんが、UnityEditorのネイティブネットワークは機能しません。また、リモートデバッグアプリケーションは、Windowsマシンに接続しているときにARFrameを圧縮しないため、フレームレートが低下して実行されます。

https://lightship.dev/docs/system_reqs.html

アンドロイド
以下は、認識機能をサポートするために検証されたチップセットとデバイスのリストです。他のハードウェアで認識機能を使用すると、パフォーマンスが低下したり、クラッシュしたりする可能性があります。

Adreno 630、Mali G-72(Google Pixel 3、Samsung GalaxyS9およびS9 +、Samsung Note 9)
Adreno 640、Mali G-76(Google Pixel 4、Samsung Galaxy S10、Samsung Note 10)
Adreno 650、Mali G-77(Samsung Galaxy S20、注20)
Adreno 660、Mali G-78(Samsung Galaxy S21、Note 21)

https://lightship.dev/docs/system_reqs.html

利用規約のセクション3に従い、iOSストアとAndroidストアに公開することができます。

限定ライセンス

このライセンス契約を順守し、その条件に定められた制限を条件として、Nianticは、Niantic Developer Platformにアクセスするための、テリトリー内の個人的、非独占的、譲渡不可、サブライセンス不可、取り消し可能、制限付きライセンスを付与します。サンプルコードの全部または一部をアプリケーションとマージすることを含め、Niantic SDKを使用および複製すること。これは、設計、作成、開発、テスト、保護、リリース、公開、配布、マーケティング、宣伝、強化、および/または該当するすべてのドキュメントに従ってアプリケーションをサポートする。ここで特に付与されていないすべての権利は、明示的に留保されます。

出典:https://lightship.dev/terms/

https://community.lightship.dev/t/publishing-to-ios-and-android-stores/344/2

さいごに

いろいろ注意点(特にM1チップ問題)がありますので、気を付けないといけませんね。
WindowsはEditor実行できないようなので、Intel Macが最強?

Discussion

ログインするとコメントできます